ライフスタイルニュース

魅力女子への道

木のぬくもりを食卓に。桜の木のバターケース


めざせ魅力女子日記

  • 更新日: 2013/12/25
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

木のぬくもりがある食卓って、素敵だと思いませんか?



今回の主役は、桜の木のバターケース。とっても手触りが良くって、温かい。テーブルに何気なくポンと置くだけで、一気にオシャレな食卓に変身しちゃいます。バターケースからバターをすくってパンに塗ると、いつもよりもおいしく感じるから不思議。



バターナイフも、同じ桜の木のもので揃えたら素敵でしょ。これ、バターケースを作る際に出た端材からできたものなんですって。それを聞いて、ますますファンになってしまいました。1つ1つ、職人の手で手作りされているそう。



赤津焼と呼ばれる陶磁器の、真っ白で清潔感のある色も木とマッチしていい味を出しています。マットな質感と、しっとりとした手触りが好き。



『日本の森づくりの循環』を大切にしたいという想いから生まれた「MOTTAINAIの森」シリーズ。桜の木の他に、胡桃の木、白樺の木など国産の木材製品を使った作品が、日本の日常生活を彩ります。



デザイナーのセキユリヲさんが描いたイラストを、焼印と木彫りで表現したほっこりと温かいモチーフも、ずっと使いたくなる要素のひとつですね。

◆ご紹介した商品
「MOTTAINAIの森」
バターケース 各3,990円
バターナイフ 1,260円

◎阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』北街区 「ギフト雑貨ハウス」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/10更新)