ライフスタイルニュース

心地よい大人時間

北海道といえばやっぱり“かに”「北海道物産大会」
船の形の生簀(いけす)の中に旬の“三大かに”が


上質な日々

  • 更新日: 2012/11/16
  •  
  •   mixiチェック

阪急うめだ本店 9階催場に、舟の形をした生簀(いけす)が登場。旬の“たらばがに”“ずわいがに”“毛がに”が、活きたまま北海道から運ばれてきます。



“毛がに”は太平洋側の海域でとれた北海道産、“ずわいがに”と“たらばがに”は、主にロシアで漁獲され、稚内港で水揚げされたものを航空便で空輸。



「北海道三大がに」が一堂に集まった生簀は圧巻です。かにの大きさ、活き活きとした動きに驚き、思わず足が止まります。


活きたままの“かに”を、その場で指定して、厨房でゆであげてくれるサービスは粋な試み。初企画なんだそうです。
薬師寺バイヤーならではのプランニングですね。









ゆで時間は早ければ約30分(状況により待ち時間が異なります)、その場で希望に応じて、食べやすいようにさばいてくれます。お店の方いわく、ゆでたてはそのまま持ち帰り、汁をすすりながら豪快に食べるのが、美味しい食べ方だそう。



時間はかかるかもしれませんが、新鮮な“かに”をチョイスして、その場でゆでてもらい持ち帰り、今夜はぷりぷりの身が詰まった“かに”で、至福の時間を過ごしませんか。

◆ご紹介した商品
「札幌蟹販」
活たらばがに (100gあたり) 630円から
活ずわいがに (100gあたり) 420円から
活毛がに     (100gあたり) 525円から
※漁獲状況により入荷がない場合がございます。

◎ 阪急うめだ本店 9階 催場「北海道物産大会」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る