ライフスタイルニュース

心地よい大人時間

木が好きになる
「木とのふれあい かわいい木彫り3人展」


上質な日々

  • 更新日: 2015/8/5
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

手作業で形作られた木彫りの置き物や雑貨は、いつ見ても心が温まりますね。3人の木彫り作家による展覧会「木とのふれあい かわいい木彫り3人展」では、それぞれの個性があふれる作品が集まっています。

■S・Y工房

「S・Y工房」ペットのオーダー時計 21,600円

【オーダーの場合】ペットのオーダー時計 17,280円から
◎お渡し:11月上旬
※その他、詳しくは店頭でお尋ねください。

ご主人が木工、奥様が手書きペイントを担当し、ご夫婦の共同作業ですべての作品が作られている「S・Y工房」。ご夫婦の間で可愛がっていた犬とお別れしたときに作った置き時計は、よく散歩で行っていた公園に咲いていたタンポポが秒針になっています。この作品を見たお客様が、ご自身も欲しいとご要望がありオーダーで作り始めたそう。



こちらは桜の花が秒針です。思い出の風景の中で佇むワンちゃんの横には名前が刻まれています。国産の桐を使った爽やかな木目が、春の陽気を思い出させてくれそうですね。キーホルダーやフォトフレーム、表札もオーダーで承っています。



この他、今にも動き出しそうな立体の小鳥たちはとっても愛らしく、見ていると思わず微笑んでしまいます。

■木箱館

「木箱館」ハリネズミの十角箱 14,040円
ウサギの十角箱 14,040円、どんぐりの小箱 3,240円

思わずニッコリしてしまう木彫りの動物は他にも。十角箱の上からこちらの様子をうかがうハリネズミは、何かを語りかけてくれているようですね。朴の木を使った箱は、フタにタンポポの花が。側面にタンポポの葉が彫刻されています。

全体が落ち着いた風合いなのは、カシューうるしを使ってあまり艶が出過ぎないように加減して仕上げているから。どんな場所に置いてもよく馴染みそうですね。



ハリネズミは朴よりあたたかい色味のカツラの木を使い、表情豊かに仕上げています。つぶらな瞳がかわいすぎて、つい、じっと見つめてしまいます。笑


「木箱館」レース額 たんぽぽ 7,776円

縁にタンポポの葉が彫刻された額は「木箱館」の加来 恵利子さんが。レース編みのタンポポの花は、レース作家である加来さんの友人が手掛けたという合作。手芸作品を飾る額がなかなか見つからない、という声から生まれたのだそう。素敵ですね。

■クラフト千早


赤みを帯びた木彫りのフクロウは“肥松”という材を使っています。130~150年かけて土にかえっていくという赤松の木の、朽ちることなく残った脂(ヤニ)を多く含んだ部分なんだそう。



これは、作品を作り始めるときに底を平らにするため削られた肥松の一部。樹脂を含んでいるため、ライトに当てるとほのかに透けてとってもきれい。今は数が少なく貴重な材である肥松は、年を追うごとに赤みが増していく様子が味わい深く、リピーターの方が多い作品です。


「クラフト千早」フクロウ(茶・枝付き) 12,960円、フクロウのみ 10,800円、フクロウ(枝付き) 16,200円

肥松のフクロウの周りで、木にとまっていたものと同じ槐(えんじゅ)の木で作られたフクロウ。しらたと呼ばれる辺材の部分とあかみと呼ばれる心材がはっきりと色の違う槐の木を使っているので、削られた部分が濃い茶色になっています。


「クラフト千早」イヤリング、チョーカー 各3,240円、ブローチ 2,160円から

こちらは、様々な木を使ってご夫婦で営まれている「クラフト千早」。小さい作品はとってもかわいいんですよ。ほおずきのチョーカーやイヤリング、ブローチです。椎の木をご主人が削り、奥様が色付けやのりで仕上げています。



それぞれ作風は違っても仲のいい3人による木彫りの展覧会。木にまつわるいろんなお話を聞いているだけも楽しい時間が過ごせます。まずは足を運んでみては。

■木とのふれあい かわいい木彫り3人展
◎8月11日(火)まで
◎阪急うめだ本店 7階 日本の手仕事サロン お茶をたのしむギャラリー


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る