ライフスタイルニュース

心地よい大人時間

『新・日本の美意識』
“阿波藍染め”が魅せる涼やかな夏


上質な日々

  • 更新日: 2016/3/30
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



3月30日(水)から阪急百貨店では、日本の文化に根差し、今日的に洗練されたクリエーションを発信するキャンペーン『新・日本の美意識』がスタートします。もっと暮らしに、日本の文化を取り入れてみませんか。


阿波藍染め ハンカチ(左から) 1,620円、2,160円[いずれも阪急限定]

私の注目は、徳島で作られる“阿波藍染め”。特徴は、タデ科の藍の葉を乾燥・発酵させることで原料となる“すくも”を作り、さらに石灰やふすま、日本酒などを使い発酵を進ませる“天然灰汁発酵建て”という方法で仕上げた染料を用いていること。



その染料を作り上げるのも約1年がかりの大変な作業なんだそうですが、その天然の染料で美しい藍色に染め上げるのも、時間と手間をかけずして作ることはできないのだそう。



“かご染め”を施したハンカチは、藍染め作家 村上千晶さんの作品。濃淡だけで表現される美しい模様は、藍色ならではの清涼感と、手染めによるあたかかみを感じさせてくれます。


「サイコバニー」紳士ポロシャツ(サイズ:M・L・LL) 18,360円[阪急限定、限定10]

同じく、藍染め作家 村上千晶さんが染め上げた「サイコバニー」のポロシャツ。



ブランドアイコンのうさぎのスカルまで、すべてが藍色。シャープな大人の雰囲気です。


阿波藍染め ネクタイ 各11,880円[阪急限定]

こちらは、鳴門市在住の藍染め作家 ふたあい政則さんの作品。ビジネスシーンをスタイリッシュにしてくれるネクタイも、“すくも”から作られた天然染料で染め上げています。


阿波藍染め チーフ 各4,860円[阪急限定]

ジャカード織の柄が浮かび上がるエレガントなデザインは、ポケットチーフでもご用意。さりげなく胸元に挿すだけで、クールな雰囲気にしてくれそうですね。

■阿波藍染め 特集
◎3月30日(水)~4月12日(火)
◎阪急うめだ本店 8階 本館紳士服洋品 コトコトステージ81

◆関連記事
▼暮らしの劇場「新・日本の美意識」

▼「播州織」×「ラピーヌ ブランシュ」風そよぐシャツ

▼手仕事の結晶 ジュエリー「エグジステレ」

▼メイドインジャパンの道具で始める丁寧な暮らし




※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る