ライフスタイルニュース

心地よい大人時間

自分好みのお茶を探す
世界のお茶時間を楽しむ「ワールド・ティー・フェスティバル」


上質な日々

  • 更新日: 2017/5/17
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


きょうから阪急うめだ本店 9階 祝祭広場では、世界のお茶時間を楽しむ「ワールド・ティー・フェスティバル」がはじまりました。

海外でも日本茶の専門店ができたり、雑誌でも特集が組まれていたり、コーヒーに続く紅茶のサードウェーブとして今、お茶がとっても人気を集めています。



会場には世界各国から22の注目ティーブランドが集結。



ニューヨーク・ブルックリンを拠点に、伝統への敬意と豊かな創造性をベースに、日常の贅沢品としての新しいお茶文化を発信する「BELLOCQ(ベロック)」。今週末の20日(土)と21日(日)には、創業者であるマイケル・シャノン氏とハイディ・ヨハンセン・スチュワート氏の無料イベントも開催。ベロック流お茶の愉しみ方をぜひ聞いてください。



1867年 香る紅茶を楽しむロシアで創業した「KUSMI TEA(クスミ ティ)」は、創造的なレシピと高いクオリティに、フランス・パリのエッセンスが加わったティーブランド。様々なフルーツ・花・スパイスのブレンドティーは80種類以上!カラフルな缶はプレゼントとしてもおすすめです。



タイといえばバニラ風味の甘いミルクティーを思い出す方も多いかもしれないですが、今回やって来たのはめずらしい白茶。
手摘みした新芽のみで作られる白茶は、とても希少なお茶。バンコクでもラグジュアリーホテルなどで提供されているというだけあって、一度はいただいてみたい。一体どんな味がするのでしょうね。



会場でぜひ味わっていただきたいのがこちら。関西初出店の日本茶専門店「グリーン・ブリューイング」。注文をうけてから日本茶専用ドリッパーを使って1杯ずつハンドドリップで煎れる日本茶は、まさに新たな日本茶のスタイル。

国内では入手困難と言われる「ブレンドしていないお茶」「希少品種」などを飲み比べることができます。会場で、新しい日本茶の魅力を体験してみてください。


(画像上)テオドー「Tea Lovers Bar」 ハイビスカスレッドベリースムーティー 594円


「ムレスナティーハウス」幸せのロイヤルミルクティーソフトクリーム 各486円

お買物の合間にちょっと甘くて冷たいものが食べたいなというときは、フランス紅茶「テオドー」のフレーバーティーを使った「Tea Lovers Bar」の阪急限定スペシャルティーや、「ムレスナティーハウス」のスリランカ紅茶を使ったロイヤルミルクティーソフトクリームをどうぞ。会場でしかいただけないスイーツはやはりハズせませんね。


(画像上左)アイルランド「キャンベルズ・パーフェクト・ティー」(画像上右)台湾・中国「天仁茗茶」
(画像下左)スリランカ/日本「ムジカ ティー」(画像下右)英国「ウィリアムソンティー」

この他にも、気になるティーがたくさん。
ストレートでいただいたり、ミルクティーでいただいたり。
試飲も行っているので、あなた好みの茶葉をみつけてくださいね。



会場では、各国のお茶時間を体験できるセミナーなども連日開催しています。こちらもぜひ、参加してみてください。詳しくはこちら>>

次のお休みはお気に入りのお茶を持ち寄って、親しい友人と楽しいティーパーティーを開いてみては。


■世界のお茶時間を楽しむ ワールド・ティー・フェスティバル
◎5月17日(水)~22日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
※催し最終日は午後6時終了


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る