ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

「PAUL(ポール)」のフランス・アルザス風シュトーレン!


グルメ日記

  • 更新日: 2012/12/10
  •  
  •   mixiチェック

ドイツ発祥の菓子パン、シュトーレン。ヨーロッパ圏では、クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べられているのだそう。日本では、クリスマスケーキを食べるのはメジャーですが、皆様は毎年シュトーレンを食べる派ですか?

シュ トーレンのイメージって、大きくて、固くて(切りにくい!)、何となくパサパサしてそう…と前まで思ってたのですが、全然そんなことないんですね。パンや 洋菓子のショップで色々と販売されていますが、本当に大きいものもあるし、1~2人で楽しめるものもありました。そして、それぞれのブランドによって特徴 やこだわりがあり、どれも美味しそう!





家族(我が家は5人)でおやつに食べ切れるようにと私が選んだのは「ポール」のシュトーレン(小)。フランス・アルザス地方の伝統的なシュトーレンのレシピだそうです。触ると固いのですが、意外とさっくり切り分けることができました。なかにはレーズンとアーモンドが入っています。オレンジピールやラム酒、こしょうなどのスパイスも使われていて、香ばしくて素敵な香り!パンというより、限りなく焼き菓子に近い味わいです。軽い歯ごたえで、ちょっとソフトなクッキーのようです。紅茶やコーヒーも、いつもよりこだわって選びたくなりますね。

ヨーロッパ風のクリスマスを本格的に楽しみたい方には、大きいサイズがぴったり。毎日少しずつ食べて、クリスマスが日に日に近づくワクワク感を味わいたいところ。それもクリスマス気分を盛り上げるアイデアですね。他のショップのシュトーレンと食べ比べても楽しいかも。シュトーレンは、この時期だけのもの。最大限に満喫してくださいね。





◆ご紹介した商品
シュトーレン(大、1個)1,680円  (小、1個)840円
◎阪神梅田本店 地下1階 「ポール」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/19更新)