ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

【予告】テーマは美食の街“リヨン”『フランスフェア2014』は3月19日(水)スタート


グルメ日記

  • 更新日: 2014/3/13
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

来週3月19日(水)から開催される『フランスフェア2014』。ひと足お先に、おいしい情報をお届けします!

今回のテーマは、フランス一の美食の街、リヨン。これは注目度大!しかも、リヨンの人々はパリへのライバル意識を持っているのだとか。大阪人として、とてつもないシンパシーを感じます!



リヨンの銘菓といえば“クッサンドリヨン”。グリーンのクッションを模したケースに入った、クッション型のお菓子。アーモンドを使ったマジパンの中には、ガナッシュが入っています。本来は緑色のお菓子ですが、日本人向けに着色せずに作ってもらったそうですよ。



そして、「パロマス」のギモーヴは日本初登場!すごく大きい!しっとりむっちりしていて、口に入れるとシュワッととろけるような食感です。私はレモンのギモーヴがお気に入り。レモンの爽やかな香りと甘さが、とっても幸せな気分にしてくれます❤



ギモーヴは、空気に触れるとあっという間に乾燥してしまうデリケートなお菓子。会場ではオーナーのドミニク・クレールさんによる実演も予定されています。スイーツ愛好家の皆さま、必見です!



「パロマス」からは、リヨンならではのアーモンド菓子“プラリネ”も。素敵な缶に入ったピンクの“プラリネ・リヨネーズ”と、“キャラメルプラリネ”。アーモンドの豊かな風味と程よい甘さが絶妙。大粒がうれしい!



イートインで登場するのは、堺筋本町のビストロ「ル・ヌー・パピヨン」。リヨン風のステーキがすごくおいしい!熟成したアンガス牛のリブロースステーキは、やわらかい赤身が特徴。程よい噛みごたえで、ジューシーなのにあっさりしているところが女性好み。



玉ねぎの甘みが凝縮された旨味たっぷりのソースを絡めて。しっかりめの味付けなので、ワインがめっちゃすすみます!





白ワインにぴったりの“鴨とフォワグラのパテアンクルート”も美味!さっくりしたパイ生地と、味わい深いフォワグラ。また食べたくなります。

ご紹介したのはごく一部。『フランスフェア2014』は見どころ満載です!本場リヨンで人気のブション(郷土料理食堂)のイートインも絶対見逃せません!まずは、特設ページをチェックしてくださいね。(※ご利用の端末、機種により正常に表示できない場合がございますのでご了承ください。)


【予告】『フランスフェア2014
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/francefair2014/index.html
◎阪急うめだ本店 9階催場+祝祭広場
◎3月19日(水)~25日(火)
※催し最終日は午後6時終了

『フランスフェア2014』のグルメ情報
日本初上陸のショコラトリー「フローラン・テヴノン」
ギモーヴが絶品!「パロマス」
注目はブリオッシュ・リヨネーズ「オ・ルヴァン・ダンタン」
リヨンのパン屋さん「ジョクター」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/14更新)