ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

地元では予約必須の超人気ブションで、リヨンの食を楽しもう! 『フランスフェア2014』は3月25日(火)まで


グルメ日記

  • 更新日: 2014/3/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



本日より『フランスフェア2014』がスタート。今回のメーンテーマはリヨン!さっそく、会場でしか味わえないリヨンの食をチェックしてきました♪



リヨン中心街で19世紀から続く(!)名ブション「カフェ・デ・フェデラシオン」。雰囲気たっぷりのイートインスペースにテンション上がる!オーナーのイヴさんも発見!
※ブション:郷土料理が楽しめるリヨンの食堂


「カフェ・デ・フェデラシオン」
クネル(1人前) 1,890円、(前菜盛り合わせ・パン・コーヒー付き) 2,940円


魚のすり身に、旨味たっぷりのえびのクリームソースをかけて焼き上げた郷土料理“クネル”はハズせません。ふわっとした食感が口あたりよく、リヨンの人々の美食っぷりに脱帽。


「カフェ・デ・フェデラシオン」
前菜盛り合わせ(1人前) 1,680円


リヨン風サラダには、ポーチドエッグの赤ワイン煮込みやリヨン風のサラミも添えて。本場のおいしさはひと際。1杯のワインとお好きな料理でさくっと楽しむのも素敵です。


「ル・ブション・デ・フィユ」
ピンクプラリネのヌガーグラッセ(1人前) 840円、(コーヒー付き) 1,365円

もう1軒はスイーツ&コーヒーが楽しめる「ル・ブション・デ・フィユ」。“ピンクプラリネのヌガーグラッセ”は、甘党必食!リヨン名物であるピンクプラリネをアレンジした冷たいお菓子です。



メレンゲと生クリームのなめらかな食感のなかにナッツがたっぷり。カリッとしたアーモンドが香ばしく、とっても素朴な味わい。エスプレッソと一緒にどうぞ!



「ル・ブション・デ・フィユ」はリヨンでも珍しい女性シェフのブション。オーナーシェフは、イザベルさんとローラさん。お出迎えして下さったローラさんをパチリ。(残念ながらイザベルさんにはお会いできず…)お持ち帰りできるスイーツもありますよ。

どちらのブションも、リヨンでは予約必須の人気店だそう。ぜひ、リヨンを旅している気分で味わってくださいね!

◎阪急うめだ本店 9階催場+祝祭広場『フランスフェア2014』
◎3月19日(水)~25日(火)
※催し最終日は午後6時終了

『フランスフェア2014』関連記事
美食の街“リヨン”のおいしいもの
「ダマン リュミエール」“野菜のガレット”


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/16更新)