ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

究極の醤油“魯山人醤油”で、「おいしい」の向こう側へ。


グルメ日記

  • 更新日: 2014/6/5
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



日本の食卓に欠かせないもののひとつ、醤油。

私、すごい醤油を見つけてしまいました。その名も“魯山人醤油”。(名前を聞いただけで正座してしまいそうになる!)



こんな素朴な醤油、食べたことない!さっそく冷奴に使ってみたところ、「お醤油っていい仕事するなあ」と改めて思わせてくれるようなおいしさを実感。決して出しゃばりすぎることなく、豆腐の風味を際立たせてくれるのです!

ほんの数滴で、ふわっと広がる香りと豊かな旨味。他の何ものにも代えがたい、心地良く続く旨味の余韻が最大の特徴。化学的な添加物が使わなくても、やっぱり十分おいしいんですね。



「魯山人」と名付けるにふさわしい醤油を造ったのは、醤油発祥の地である和歌山・湯浅の「湯浅醤油」。創業130年。昔ながらの木桶を使った醤油づくりで伝統を守りつづける老舗です。



見た目は濃口醤油の色ですが、薄口を目指して造ったのだそう。そして、数値では、旨味はたまり醤油以上。また、一般的な薄口醤油より塩分少なめ。なんとも不思議!



原料だってすごい。“魯山人醤油”を造るために、農薬や肥料を使わない(奇跡的です!)特別な大豆・小麦・米づくりからスタート。細部までこだわっている から、価格も驚くほど高い!隠し味に使うにはもったいないくらいですが、あえて煮物や、洋風の料理、中華料理などに使うのも贅沢。

お刺身に、焼き魚に、お吸い物に、“魯山人醤油”をたらり。今まで知りもしなかった「おいしい」の向こう側へ。もうすっかり美食家気分です。


魯山人醤油 (200ml) 1,512円

もうすぐ父の日なので、お父さん専用醤油としてプレゼントしても楽しいかも。グルメなお父さんなら、スペシャル感たっぷりの贈りものにきっと喜んでくれますよ。



“魯山人醤油”は、「キッチンストッカー」の期間限定コーナー『日本が誇る伝統調味料 さ・し・す・せ・そ』に並んでいます。逸品揃いなので、ぜひ足を運んでくださいね!



◎阪急うめだ本店 地下2階 「キッチンストッカー」『日本が誇る伝統調味料 さ・し・す・せ・そ』
◎6月10日(火)まで

◆おいしさレベルアップ!おすすめのアイテム
▲「オリーヴォ ガストロノミア」のオリーブオイル
▲やっぱりおいしい“石垣島ラー油”
▲フレッシュな味わいのジャム「メローネ」


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/06更新)