ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

ランチタイムまだかな~♪
簡単レシピ“きのこの酸辣湯(サンラータン)”をスープジャーで楽しもう【レシピあり】


グルメ日記

  • 更新日: 2014/9/22
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

中華料理のひとつ、酸辣湯(サンラータン)。お酢の酸味としょうがや黒こしょうの辛味を効かせ、とろみをつけたスープです。


【プロフィール】伊藤 由香
長年、西洋料理を学んだあと、日本野菜ソムリエ協会認定・野菜ソムリエに。子育て経験を活かした食育活動をはじめ、講師、レシピ提案、料理教室の主宰と多方面で活躍中。

地下2階『キッチンステージ』で、野菜ソムリエ 伊藤由香先生が“きのこの酸辣湯”をご紹介してくれたので、自分でもつくってみました。スープジャーに入れて、本日のランチにします❤



レシピ通りに作ったのに、なんか見た目が…(苦笑)というのはさておき、きのこたっぷりで秋らしさ満点。具だくさんなので、あとはおにぎりさえあれば大満足のランチです♪



<レシピのポイント>
りんご酢を使う
白玉粉でとろみをつける

りんご酢を使うと、酸味がまろやかで香りもいい!というのが大きな発見でした。そして、干ししいたけとねぎの風味が抜群。酸っぱ辛くて、お腹の中からポッカポカ。だんだん汗が出てきます。


写真上) 「内堀醸造」有機純りんご酢 (360ml) 596円
写真下) 「坂元醸造」天寿りんご黒酢 (360ml) 1,626円
◎阪急うめだ本店 地下2階 キッチンストッカー

そして、白玉粉。とろみづけに使えるなんて知りませんでした!十五夜、十三夜でおだんごを作ったご家庭は、白玉粉が余っていませんか?とろみをつけることによって、スープが冷めにくくなるのもポイント。また、白玉団子を作ってスープに浮かべても◎

お好みで卵や春雨などの具材をプラスしたり、唐辛子でピリ辛にしたり、色々とアレンジを楽しみたいところ。「“鶏肉×里芋”や“さんま×ごぼう”など、旬の素材をコチュジャンやごま油で中華風に仕上げた1品を献立にプラスするのもいいですよ」と伊藤先生に教えてもらいました。今度やってみよう!



さらにもうひとメニュー。りんご酢を炭酸で割って、みじん切りのミントを加えた白玉を浮かべた“アップルサワー”もキッチンステージでご紹介してもらいましたよ。爽やかな酸味がGOOD!

季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期。“温かいスープ”や“お酢ドリンク”で、食欲の秋を元気に過ごしましょう!

■10月の『キッチンステージpick up !

つちだ 縁さん来店 「FOOD PRESS」掲載“ウイスキーに合うおつまみレシピ”

◎10月3日(金) 午後2時から、4時から(各回約30分)

岡本 美和子さん来店 「さつまいもと豚肉の中華風きんぴら」「鮭ときのこのチゲ」

◎10月10日(金) 午後2時から、4時から(各回約30分)

◎阪急うめだ本店 地下2階 『キッチンステージ』


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/18更新)