ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

ビジー状態の女子でも簡単に作れる!プロっぽいチョコレート
「ヴァローナ」のカカオニブを使って♪


グルメ日記

  • 更新日: 2015/2/12
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

既成のバレンタインチョコ(結構高級だったりします)は用意したけど、やっぱり手づくりのチョコもプレゼントしたい!と思うのが乙女心というもの。

だったら作りましょうよ!簡単なのに(味が)ちょっとプロっぽいチョコレートを!



材料は、クーベルチュールチョコレートとカカオニブだけ。でも、世界中のプロフェッショナルが選ぶ「ヴァローナ社」のものを使うから、味は間違いありません。また作りたくなるくらい美味です!


「ヴァローナ」カラク (100g) 692円

手順は、クーベルチュールチョコレートを湯煎にかけてテンパリングするところから。私のお気に入りクーベルチュールは「ヴァローナ」のセミ・スイート“カラク56%”。ナッツのような風味とほのかな酸味がバランス良く、上品な甘みのチョコレートです。



調理器具は、ボウルとゴムべらがあればOK!

テンパリングとは、艶やかで口あたりのよいチョコをつくるための「温度調節」の工程のこと。さっと溶かすだけだったり高温になりすぎたりすると、まだらになったり表面が白っぽくなるので注意!(売場でレシピを配布しているので、それをご参考にしてください。)



トレイやバットなどにクッキングシートを敷き、テンパリングしたチョコレートをスプーンですくって、等間隔に落とします。(写真は全然等間隔じゃないですけど…大きさもバラバラで、まき散らしてるし。参考にならなくてすみません。笑)

チョコが固まらないうちにトッピングのカカオニブを飾り、冷蔵庫や涼しい部屋に置いて固まれば完成♪カカオ本来の風味が楽しめるチョコレートは、特別感溢れるおいしさ。ワインに合わせたくなるくらい、しっかりと味わいがあります。


「ヴァローナ」グリュエ・ド・カカオ (カカオニブ、100g) 605円

カカオニブとは、焙煎したカカオ豆を粗く砕いたもの。この「ヴァローナ」のカカオニブ“グリュエ・ド・カカオ”は、トリニタリオ種のカカオ豆を長時間低温でロースト。めちゃくちゃおいしいです!

カリッサクッと軽い食感で、心地良い香ばしさと苦みがあります。ほのかにフルーティーな風味もあり、香りのよさにうっとり。初めて食べた方は「わあ、素敵な味のナッツだなー」と思うかも。

カカオニブが余ったら、シリアルにプラスしたり、アイスクリームやパンケーキのトッピングとしても使えます。食感・風味のアクセントに、パンやクッキーに入れても◎



時間に余裕のある方は、カカオニブをたっぷりまぶしたトリュフも作ってみてはいかがでしょうか。自分でいうのもなんだけど、「ちょっとプロっぽい」から「かなりプロっぽい」に昇格します♪

あとは、ラッピングでセンスをアピールして。見た目の印象は大事ですからね!

◎阪急うめだ本店 地下2階 グロッサリー売場「イケガヤ」

◆手づくりバレンタイン関連記事
▼おもてなしスイーツ“ガトーショコラ”

▼くまちゃんのクッキーを作ろう!

▼本格的なクーベルチュールチョコレートが勢ぞろい



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/01更新)