ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

冬はやっぱり、焼き芋!3ブランドのお芋を食べ比べ♪


グルメ日記

  • 更新日: 2015/12/13
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

“石焼きいも~♪おいも♪”
冬はやっぱり、焼き芋!阪急うめだ本店で、『ブランドいもを食べ比べ』という面白いイベントをやっていましたよ!


「鳴門のいも屋」 “鳴門金時 焼きいも” (100g) 216円

さつまいもといえば、徳島県の“鳴門金時”。その名の通り、黄金色の中身が魅力的。栗のようにホクホクとした食感と、深ーい甘みが特徴です。


「鳴門のいも屋」 “鳴門金時 いも棒” (1パック、200g) 627円

テリッとした大学芋が、食欲をそそるー!外はカリッと、中はホクホク。ねっとりからまった砂糖蜜がおいしいっ!


「鳴門のいも屋」 “鳴門金時 スイートポテト” (はかり売り) 1本、800円前後~1,000円前後

舟形の焼いもに、スイートポテトをたっぷりのせたこちらもオススメ。2種類の食感が楽しめて、ボリューム満点です!


「うなぎいも協同組合」 “うなぎいも 秘密の焼き芋” (1本) 381円

続いては静岡県の“うなぎいも”。初めて聞く名前ですね。



頭に真っ赤なおいもをかぶったキャラクター“うなも”ちゃんが宣伝担当♪
うなぎの産地として有名な浜名湖で注目されている、おいも界のニューフェイス。普段捨ててしまううなぎの骨や頭などを肥料に栽培したおいもということで、“うなぎいも”と名付けられたんですって。


「うなぎいも協同組合」 “秘密の焼き芋(冷蔵)” (1パック) 381円

焼きいもは、ホクホクの食感で、甘みたっぷり。冷めても甘みは落ちません!パッケージもCUTEですね♪


「うなぎいも協同組合」 “うなぎいもプリン” (1個) 251円

さらに!注目は、うなぎいもを使用した“うなぎいもプリン”。スイートポテトのようなしっとりとした口当たりが特徴で、お口の中でトロンととろけます。にっこり笑った“うなも”ちゃんのパッケージに癒される~♪手土産にも喜ばれそう♪


「種子島 安納屋」 “種子島産安納芋 甘蜜焼芋” (100g) 351円

最後は、鹿児島県の“安納芋”。
安納芋といえば、16度にもなる糖度が有名ですよね。焼きいもにすると、クリームのようなねっとりとした食感に。私も大好きなお芋です!


「種子島 安納屋」 “種子島安納 スイートポテト” (1個) 351円

この安納芋を使ったお菓子もたくさん出ていましたよ!
特にオススメは、カスタードクリームとのハーモニーが絶妙な“種子島安納スイートポテト”。とにかく濃厚で、しっとりしていておいしいっ!お芋好きにはたまらない一品です。


「種子島 安納屋」 “種子島の太陽” (1ホール) 1,401円

1ホールは、家族のお土産に買って帰ろう♪


「種子島 安納屋」 (写真左上)“種子島安納ロール”(1本)1,501円、 (写真右上)“安納芋羊羹”(1本)901円、(写真左下)“種子島安納シュークリーム”(1個)301円、(写真右下)“種子島安納芋レット”(1個)270円

他にも、“種子島安納ロール”や“安納芋羊羹”、“種子島安納シュークリーム”に“種子島安納芋レット”など、気になるお菓子がたくさん!



寒い冬は、ホクホクのお芋でほっこりティータイム。ぜひ3種類のお芋を買って、食べ比べしてみてくださいね♪

■スイーツで!焼いもで!『ブランドいもを食べ比べ』
◎12月9日(水)~15日(火)
◎阪急うめだ本店 地下1階 洋菓子売場 『ツリーテラス』


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/18更新)