ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

「フランスフェア2016」フランス南西部の郷土料理“カスレ”がおいしすぎる!


グルメ日記

  • 更新日: 2016/3/11
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



昨日に引き続き、今日も「フランスフェア2016」にてランチ♪注目の日本初登場のレストラン「ラ・カレッシュ」に行ってきましたよ!


“カスレ” (1人前) 2,160円

フランス南西部で最もポピュラーな郷土料理“カスレ”。これが本当においしい!と噂に聞いていたので、ずっと楽しみにしていたんですよね。グラタンのようにも見えるこちら。中身はというと…



鴨肉とソーセージ、豚肉がごろっと入っています!ホクホクの白インゲン豆もた~っぷり。あ~、とってもイイ香り♪





メインの鴨はコンフィにしてあるので、すごく柔らかくておいしい。ソーセージは、噛んだ瞬間にジュワ~ッと肉汁が溢れます!さらにホクホクの白インゲン豆と一緒に食べると、なんという満足感。シンプルな味付けだけど、しっかりとした味わいで食べごたえ抜群です!


“パン” 216円

全部の旨味が染み込んだ汁に、パンを付けて食べると、これまたサイコ―。


“フォアグラ、生ハム、胡椒のサラダ” (1人前) 1,944円

そしてもう1つ、鴨を使ったお料理でオススメなのが“フォアグラ、生ハム、胡椒のサラダ”です。



まず、トロンととろけるようなフォアグラに感激。低温で焼いて、味付けをしたコンフィは、手間ひまがしっかりかかっているから、このような旨みが出るんですね。塩気のある生ハムと、あっさりとしたビネガーソースが絶妙にマッチしています。ナッツのカリカリ食感もイイアクセントに。



本場の味をおもいっきり楽しめるのは、やっぱり「フランスフェア」ならではですよね。特にカスレは、衝撃のおいしさです!ぜひお友達を誘って、食べに行ってみてくださいね。

■フランスフェア2016
◎3月9日(水)~15日(火)
◎9階催場・祝祭広場
※催し最終日は午後6時終了

◆フランスフェア2016関連記事
▼予約の取れない大人気レストラン「シェ・マティン」で、バスクの郷土料理を堪能♡






▼今年はバスク地方のマグネットを増やしませんか?






フランス・ナントのアトリエからやってきたLoup Garou Bijoux(ルーガルー ビジュー)


  




▼トゥールーズ発「ギュスタンゴ」のスカート&ダンスショー






▼本場のエスパドリーユ!『フランスフェア2016』

▼フランスフェア2016 自然派ベビー工房・タルブ村「ジョール・デザミ」

「暮らしの劇場3月号」今月の見どころでも『フランスフェア2016』をご紹介中!


▼その他、『フランスフェア2016』の最新情報はこちらから▼



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/16更新)