ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

「シニフィアン・シニフィエ」パン×ワインのおいしい組み合わせ。ソムリエさんにオススメを聞いてみました♪


グルメ日記

  • 更新日: 2016/3/25
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



今週の『ベーカリースポット』は、ワインと合うおいしいパンのご紹介。なんともオシャレなこの企画。気になっていたんですよね~。



東京世田谷にあるブーランジェリー「シニフィアン・シニフィエ」が、阪急うめだ本店初登場。志賀シェフが作り出すこだわりのパンたちがずらりと並びます。



パンもワインもたくさん種類があるなぁ…。どれもすごくおいしそうだけど、どう合わせたらいいのか全然分からない…。迷っていると、ソムリエスタッフが声をかけてくれました。私はワインにあまり詳しくないので、これは助かる!



オススメしてもらったのは、ラベルがかわいい“バルベーラ・ダルバ2012”という赤ワインと、「シニフィアン・シニフィエ」の看板商品“パン オ ヴァン”の組み合わせ。“パン オ ヴァン”にも赤ワインが使われているので、とっても相性がいいんだそう。


“パン オ ヴァン” (1本) 4,104円、(1/2本) 2,052円、(1/4本) 1,026円

煮詰めた赤ワインを仕込んだ生地をひと口かじると、芳醇な香りがふわ~っ。中には6種類のナッツといちじく、クランベリーがぎっしり詰まっていて、フルーツそのものの甘みをしっかりと味わうことができます。ずっしり重くて、まるでフルーツケーキのよう。


“バルベーラ・ダルバ2012(イタリア・ピエモンテ州 赤・辛口、1本) 3,780円

“バルベーラ・ダルバ2012”は、まろやかで親しみやすいお味。渋みもライトで飲みやすく、ワイン初心者にもぴったり。4年熟成の今がちょうど飲み頃なんだそうですよ。ラベルに描かれているのは、畑のワイナリーを天候や害虫から守ってくれる守り神の小人たち。そのほのぼのとした表情に癒されました♪



もちろん赤ワインだけでなく、白ワインに合うパンも♪自家製マリネした2種類のオリーブを使用した“パン オリーブ”や、酸味の効いた“ライ麦のカンパーニュ”などがオススメだそうですよ。



華金の夜に。休日の朝に。パン×ワインの組み合わせで、ちょっと贅沢な時間を楽しむのっていいですよね。ぜひ売場でソムリエさんに相談して、試飲をしながらお気に入りの組み合わせを見つけてみてくださいね。

■東京・世田谷 志賀シェフのお店「シニフィアン・シニフィエ」がお届けするワインと合わせて美味しい低温長時間発酵のパン
◎3月29日(火)まで
◎阪急うめだ本店 地下1階 ツリーテラス 『ベーカリースポット』


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/10/17更新)