ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

6月16日は「和菓子の日」。
“水無月”を買いに行こう♪「仙太郎」


スイーツに夢中

  • 更新日: 2014/6/16
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

本日、6月16日(月)は「和菓子の日」!実は30年以上も前に制定された記念日だそうですよ。



すっかり和菓子が食べたくなってしまったところで…。選んだのは、6月のお菓子“水無月”。


みなづき 白 (1個) 216円

水が干上がるほど日が照りつける水無月(旧暦)に、氷室から氷を掘り出して宮中に運び、健康のために氷をひとかけ食べたのだそう。とはいえ、庶民にとっては氷は目にすることもできない貴重品でした。

そこで造られたのが“水無月”。三角のかたちは氷の結晶に見たてているんです。小豆を散らしているのは、魔よけの意味があるとのこと。なるほど、白の水無月は氷のように見えるかも?


みなづき 抹茶 (1個) 216円

「仙太郎」の“みなづき”は、白、黒糖、抹茶の3種。もっちりとやわらかな外郎に、口どけのよい丹波大納言小豆のかの子がたっぷり。冷茶にも合う爽やかさです。


みなづき 黒糖 (1個) 216円

三角の水無月、半分に割っても三角。ひと口サイズに切り分けて、いろんな味を交互につまむのが、梅雨の密かな楽しみです。

◎阪急うめだ本店 地下1階 和菓子売場「仙太郎」

◆夏に食べたい和のお菓子
▲ほうじ茶ゼリーでほっこり「中村藤吉本店」
▲もっちりつるん!葛餅、わらび餅「叶匠壽庵」


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/01更新)