ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

手作りチョコの決め手はLOVEだけじゃない。
“クーベルチュールチョコレート”選びが大切です!


スイーツに夢中

  • 更新日: 2015/1/26
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


①「大東カカオ」セレクショーネ・バニーユ スイート (500g) 1,232円
②「ヴァローナ」グリュエ・ド・カカオ (
カカオニブ、100g) 605円
③「ヴァローナ」グアナラ ビター(100g) 735円、ジヴァラ・ラクテ ミルク (100g) 670円、キャラメリア ミルク (100g) 713円
④「フリューベル」ホワイト (150g) 594円
⑤「カレボー」811 スイート (180g) 800円


バレンタインといえば、チョコレートを手づくりするのも楽しみのひとつ。種類豊富に揃った製菓材料に、ワクワクする季節です♪

なかでも味の決め手になるのは、クーベルチュールチョコレート。製菓用のチョコレートです。お菓子・パンづくりの材料専門店としてお馴染みの「イケガヤ」に、どどーんと登場していますよ!



最もバラエティに富んでいるのは、フランスの「ヴァローナ社」。言わずと知れた、世界のトップパティシエたちにも愛されるプロ用のクーベルチュールです。カカオにこだわった8種類がラインアップ。

カカオ分の割合が近いクーベルチュールでも、使っているカカオが違うので、アロマや風味によりこだわったチョコづくりが楽します。



例えば、グアナラ70%とアラグアニ72%。どちらもビター(ブラック、ダークとも)に分類されます。

ヴァローナブラックの代表作であるグアナラは、力強いカカオの風味と後味の酸味が特徴。流動性がよく、多くのパティシエが愛用しています。一方、アラグアニは原料のカカオをベネズエラ産に限定し、力強い苦みの中にレーズンやマロンのような香りと天草のようなアロマ。

そのちょっとした違いを選ぶのがお菓子作りの醍醐味。せっかく手間をかけるのだから、素材はより良質なものを。高級チョコの味を知ってしまったあなたは、もう普通のチョコレートじゃ満足できないはずです。



チョコレート王国ベルギーのブランド「カレボー」は、1850年創業。世界中のプロが認めた高品質なクーベルチュールチョコレートを製造しています。選りすぐりのカカオを使い、独自の配合で作りあげた豊富なバリエーションの中から、4種類をチョイス。

ホワイト、ミルク、スイート、ビター。作業性がよいので初心者にも使いやすく、簡単なレシピでもその味わいは一流シェフにも負けないかも!?




「フリューベル」【量り売り】
ビターチョコレート (100g) 306円、
スイートチョコレート (100g) 296円


高コスパなベルギーの「フリューベル」は、必要な分だけ購入できるので便利です。量り売りはちょっとお得感アリ。タブレット型で、1枚が約1gになっているので使いやすさも抜群です。



また、日本で唯一豆の輸入から製造まで一貫して行うチョコレート原料専業メーカー「大東カカオ」も。





本格的なクーベルチュールチョコレートやラッピング材料がたくさん揃っているのは今だけです!

チョコをつくれば、チョコがもっと好きになる。彼や家族、友人への贈りものとしてはもちろん、自分へのご褒美として自分で作るのも素敵だと思います。今年はちょっと手の込んだレシピにも挑戦してはいかがでしょうか?

◎阪急うめだ本店 地下2階 グロッサリー売場 「イケガヤ」


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/11/15更新)