ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

100年以上の歴史ある銘店がずらり!秋バージョンの銘菓にも注目♪


スイーツに夢中

  • 更新日: 2015/9/20
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

そろそろ熱いお茶がおいしくなってくる季節。お茶のお供にぴったりなお菓子を見つけましたよ♪100年以上の歴史がある銘店ばかりが集結した『100年老舗の銘菓特集』。長年愛され続ける銘菓が、たくさん登場しています!


東京・銀座「清月堂本店」 おとし文“稔(みのり)”(4個入り) 648円

東京・銀座「清月堂本店」の銘菓といえば“おとし文”。黄身餡をこし餡で包んだものなのですが、今回は秋バージョン栗のペーストを使った“稔(みのり)”が出ていました!蒸気で蒸すことでしぐれ(ひび割れ)ができ、餡の味をまろやかにしてくれるんですって。ほっくりとした食感と、ホロホロとした口どけが上品でおいしい♪


東京・銀座「清月堂本店」 “二色きんつば 栗”(2個入り) 389円

栗そのものの食感が楽しめる栗餡と、北海道小豆を炊き上げた小倉餡を張り合わせた“二色きんつば”もオススメ。1度に2つの味が楽しめるお得感がイイですよね。


東京・銀座「清月堂本店」 “銀座だより”(1個) 162円

練乳を加えた栗餡と、きざみ栗をパイで包んだ“銀座だより”は、しっとり香ばしい和と洋のコラボレーションお菓子。優しい味わいで食べやすく、コーヒーにも紅茶にも合いますよ。


東京・浅草「舟和本店」 “あんこ玉”(10個入り) 864円

続いては、東京・浅草「舟和本店」の銘菓、その名も“あんこ玉”。ストレートなネーミングと、つるんとした可愛らしい見た目に思わず手が伸びちゃいました。お味は、小豆、白いんげん、抹茶、苺、みかん、珈琲の6種類。あんこをくるんだ寒天がぷちっと弾けて、優しい甘みが広がります。


東京・浅草「舟和本店」 “芋ようかん”(6本入り) 778円

創業当時から愛され続ける“芋ようかん”もぜひ一緒に♪



ラストは、関西初出店のお店、福岡「総本家 黒田家」の“草木饅頭”です。蒸し饅頭なのですが、しっとりもっちりとした食感が魅力のこちら。口どけの良い甘さ控えめの白餡が、生地ととてもマッチしています!


福岡「総本家 黒田家」 “草木饅頭”(15個入り) 864円

さすが創業以来、95年もの間作り続けられてきた味は違いますね。一口サイズなので、手軽に食べられるのも嬉しいポイント。



他にも、京都の「京阿月」や島根の「御菓子司 彩雲堂」など、気になる銘菓がたくさんの『100年老舗の銘菓特集』。敬老の日においしいお菓子とおいしいお茶で、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒にゆっくりティータイムを楽しむのもいいですね。

■100年老舗の銘菓特集
◎9月22日(火・休)まで
◎阪急うめだ本店 地下1階 食品催事

◆今週のオススメ催事
▼パティシエ辻口シェフが作り出す、こだわりのソルトスイーツが登場!







※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/02/17更新)