ライフスタイルニュース

発見!美食ライフ

発酵の仕方で味が変わる?!「Minimal」5種のテイスティングセット


スイーツに夢中

  • 更新日: 2016/1/11
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

この時期になると、いつもソワソワしてきます♡なぜなら、1ヵ月後にバレンタインがやってくるから~♡クリスマスもお正月も楽しいイベントですが、チョコレート好きとしてはそれを上回るぐらいのビッグイベント。今年は、過去最大のスケールで『バレンタインチョコレート博覧会』が展開されるということで、今からワクワクが止まりませんっ!!


「Minimal(ミニマル)」 “テイスティングセット~フィリピン産カカオ、オリジナル発酵5種セット~” 1,620円
◎1月27日(水)~2月14日(日)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー




これからオススメのチョコレートをジャンジャンご紹介していくわけですが、第1弾は、なんともマニアックなチョコレートから。世界中のチョコレート通が注目する、阪急うめだ本店初登場のブランド「Minimal」です。



この、食べ比べができるテイスティングセットというのがとにかくすごい!5つとも同じカカオを使っているのに、全部味が違うんです。イマイチ、ピンときませんよね。では、何が違うのか?



正解は、発酵のプロセスです。チョコレートというのは、収穫→発酵→乾燥→ローストという工程を経て作られるものなのですが、その中の“発酵”の段階に注目し、フィリピンでいろんな発酵の方法を実験して、味を変えて作ってみたというわけなんです。ね、マニアックでしょ?笑。チョコレート好きの私でも、さすがにこんなチョコレートは初めて。



BOX NO.1は、従来通りの発酵を行ったもので、ヘーゼルナッツのようなまろやかな味わいが特徴。BOX NO.2は黒麹を使用して発酵を行うことで、飴がけしたアーモンドのような奥深い味わいに。

最も印象深かったのは、BOX NO.3。青りんごのような爽やかな風味が感じられて驚き!黄麹を使用しているんですって。BOX NO.4は、サワードウという酵母を使用。乳酸の発生が多い酵母を使用することで、ピーチコンポートのような爽やかな味わいに。BOX NO.5は、砂糖を増補。発酵の栄養素となる糖分を増補することで発酵全体を活性化させ、木苺のような酸味のある味わいに。



発酵の仕方を変えるだけで、こんなにも味が変わるんですね。これは新しい発見でした!阪急うめだギャラリーの『カカオワールド』だからこそ食べられるチョコレートとは、まさにこのこと!チョコレート通の方に、ぜひぜとも食べていただきたいチョコレートです。

これからまだまだオススメのチョコレートをご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね~♪


■バレンタイン チョコレート博覧会
◎1月27日(水)~2月14日(日)
◎阪急うめだ本店 9階催場・祝祭広場・阪急うめだギャラリー・アートステージ・各カフェ、地下1階・2階 フードフロア


◆関連記事
▼世界をめぐり、カカオを味わうチョコレート 「カカオ サンパカ」KAKAWA







※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/02更新)