ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

日本の伝統「野田琺瑯(のだほうろう)」のいいところ


雑貨日記

  • 更新日: 2012/11/12
  •  
  •   mixiチェック


私が1つずつ集めているもの、それは「野田琺瑯(のだほうろう)」の“ホワイトシリーズ”の保存容器。ご存知でしょうか。昭和9年より70年以上もの間、琺瑯づくりをしてきた日本を代表する琺瑯ブランドです。今日はこの琺瑯の素晴らしいところをご紹介したいと思います。

素材は、鉄にガラス加工をしたもの。だから食器と同じなので、食べ物のにおいが付きにくく、雑菌が繁殖しにくいらしいですよ。そして何より素晴らしいと私が思っている点は、直火にかけることができる!(もちろん、ふたは取ってくださいね)
1人暮らしの場合、作り置きってしませんか?たとえば、カレーやシチュー、煮込み料理を大量にしたときなんかとても便利なんです。余った料理をそのまま琺瑯のタッパーに入れて冷凍し、食べるときにもう一度フタを取って、そのまま火にかける!そして、そのまま食卓へ・・・。電子レンジはダメなのですが、やっぱり煮込み料理などはもう一度火にかけたほうが、より味がしみておいしくなりますよね。熱伝導もいいので、思ったより時間がかかりません。もしも、焦げてしまった場合は、あわてずに。たっぷりの水を入れて重曹を入れます。あとは沸騰させるだけ。あっという間にコゲが浮いてきます。決してタワシなどでこすらないように。

おまけに!!!なんと、油性ペンで”カレー”とか”つけもの”なんて書いても、中性洗剤とスポンジで消えるんです!スクエアなのできれいに揃うし、書いておけばうっかり賞味期限が切れていたなんてこともなくなります。とにかく冷蔵庫がすっきり!便利すぎて、感動した私は、ポットやお鍋や洗い桶などなど・・・いろいろそろえています(笑)

清潔で、便利。「野田琺瑯」の“ホワイトシリーズ”。と~ってもおすすめです。

◆ご紹介した商品
「野田琺瑯」

ホワイトシリーズ スクエア
(S:幅10.6×奥行10×高さ5.4cm、容量 320cc) 997円
(M:幅12.4×奥行12.4×高さ8.4cm、容量 800cc)1,680円

ホワイトシリーズ レクタングル浅型
(S:幅20.8×奥行14.5×高さ4.4cm、容量800cc)1,155円

※店舗により取り扱いのない商品もございます

◎阪神梅田本店 7階 キッチン用品売場
◎阪神梅田本店 6階 「キャトル・セゾン 大阪」      
◎阪急うめだ本店 10階 「キャトル・セゾン テラス」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/06更新)