ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

「篠竹市場かご」でエコなお買物を


雑貨日記

  • 更新日: 2012/11/09
  •  
  •   mixiチェック

ずっと長く、自分だけのオリジナルに育てるもの。今回は、“篠竹市場かご”です。


岩手県の山間部に生息する篠竹は、耐久性に優れ、水にも強い素材です。その篠竹を職人さんがひとつずつ編んで作り上げたのが、この“篠竹市場かご”です。

細い篠竹で編んだかごは、とてもしなやかで弾力性があります。また、底には力竹が入っているので、重たいものを入れても底が抜けることはそうありません。地面に置いた時に自立するところもいいところです。持ち手の部分は、ビニールチューブが通っているので、持ちやすく手が痛くなりにくいのです。

こんな職人さんが作ったかごで、お買物に出かけるのはどうでしょう。買物袋も要らなくなり、エコにもつながりますよね。
小さなサイズは、家の中にコロコロと転がっている、人参やジャガイモ入れとして。また、車の中に入れておくと、ビンものなどを買った時に入れておくと、ひっくり返らなくて安心です。用途はたくさん。使い込むほどに、あめ色に変化していくのも“篠竹市場かご”のいいところです。

ずっと長く付き合えるもの。日本の伝統職人技を毎日の生活に取り入れてみませんか。

◆ご紹介した商品
篠竹市場かご
(#1:たて21×よこ35×高さ16cm) 7,350円
(#5:たて24×よこ42×高さ26cm) 8,820円
(#7:たて27×よこ48×高さ29cm)11,025円

◎阪急うめだ本店 7階「日本の手仕事サロン 荒物雑貨店」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/10更新)