ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

いつもそばにいて、一緒に思い出を作るパートナー
「motta(モッタ)」のハンカチーフ


雑貨日記

  • 更新日: 2013/3/21
  •  
  •   mixiチェック



奈良の地で享保元年(1716)に創業した中川政七商店。創業以来、手紡ぎ手織りの麻織物を扱い続ける老舗のお店です。その中川政七商店の新業態である「中川政七商店街」が3月6日(水)に阪神梅田本店 1階に第1号店としてオープンしました。



店内には愛媛のストールブランド「ITO」。新潟のポンチョブランド「mino」。中川政七商店のくつしたブランド「2&9」。



そしてこの3月にデビューしたという色とりどりの美しいハンカチーフブランド「motta(モッタ)」。
1925年パリ万博。中川政七商店は、麻のハンカチーフを出展しました。極上の手紡ぎ手織り麻を使った、それはそれはとても繊細で美しいハンカチーフだったそうです。



そのパリ万博から80余年。今、再び復刻プリントされたのがこちらのハンカチーフです。かわいらしい小鳥とお花がモチーフのプリント柄です。



玄関先での決まり文句「ハンカチ、持った?」のこの言葉から名づけられた「motta」のハンカチは、生地のシワや風合いをいかし、アイロン掛けしなくても気軽にさっともてるハンカチです。
サイズは約44cm角。大きすぎず小さすぎずのハンカチは、ポケットにもおさまりがよく、麻や綿などの天然素材の中でも、吸水性がよく乾きやすい素材を選んで作られています。



手をふく。汗を拭く。そして時には涙をも拭いてくれる「motta」のハンカチ。
いつもそばにいて、一緒に思い出を作るパートナーになるようにと想いを込めて作られたハンカチだそうです。



もうすぐ新年度。こんな風にギフトとしても喜ばれそうですよね。



「ハンカチ、持った?」玄関先で言ってそっと渡してあげてください。
素敵なハンカチです。

◆ご紹介した商品
「motta(モッタ)」ハンカチ
パリ万博復刻柄 1,260円
その他     1,050円から
◎阪神梅田本店 1階 「中川政七商店街」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/06更新)