ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

日本の伝統の紙遊びで作る
「折鶴ピアス」


雑貨日記

  • 更新日: 2013/5/21
  •  
  •   mixiチェック

日本の伝統の紙遊び「折り紙」。その中でも最もポピュラーで、日本の美しい象徴でもあり、海外でも人気があるのが「折鶴」。そんな折鶴が可愛い片耳ピアスになりました。



作っているのは、インドネシア語で「今が旬」という意味の「Lagimusim(ラギムシム)」というブランドのクリエーター 檜垣武史さんと木村香菜さん。

日本では、折鶴を作る時、お願い事をしたりしながら折りますよね。
そんな思いを、折鶴が運んで空を飛んでゆくようにと作られたこのピアス。
日本人の奥ゆかしい姿が表現されていて、とってもいいですよね。



よく見てみてください。実際に小さな小さな折り紙で鶴を折り、それを樹脂コーティングして作られています。



シンプルなお洋服には、柄物を。柄物のお洋服には単色の鶴を。和と洋のミックスコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょう。
もちろん、お着物や浴衣などの和装とのコーディネートもバッチリです。
耳元でゆらゆらと揺れる折鶴は、女性らしさをアップしてくれそうです。


「また会いましょうね」と思いを込めて、海外の方へプレゼントするのもにもよさそうですよね。
折鶴ピアスで、粋で美しい和のおしゃれを楽しんでみませんか?

◆ご紹介した商品
「Lagimusim(ラギムシム)」
ori-crane(ORIZURU-折鶴-) 各2,625円
◎阪急うめだ本店 4階 『roomsSHOP DELUXE(ルームスショップ デラックス)』


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/09/22更新)