ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

カッコイイ植物たち
H.P DECO 好奇心の小部屋の「ボタニカルラボラトリー」


雑貨日記

  • 更新日: 2013/7/22
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



まるで実験室のようなディスプレイ。よく見ると、ガラスの中には、不思議な多肉植物やサボテンが入っています。
阪急うめだ本店 10階「H.P DECO 好奇心の小部屋」では“ボタニカルラボラトリー”という、植物研究所が繰り広げられています。



男性作家が作っているという「1012Terra(テラ)」というサボテンや多肉植物を水栽培するためのテラリウム。



ステンドグラスの手法で作られたテラリウムに、植物を入れることによって、今までのプランターでは見ることのできなかった水中での「根っこ」の成長を観察しながら育てることが出来るというもの。
スタイリッシュで、部屋にあるでだけで絵になるカッコイイ植物です。



中に入っているサボテンも、とっても変わっているんです。
これはぜひ、男性の方にも、部屋で植物を育てる楽しみを味わってほしいです。



またフランスのガーデニングアイテム「BACSAC(バックサック)」も展開中。
家具のファブリックでも使われているという特殊な素材で作られた柔らかいプランターです。
浸透性、通気性に優れたこのプランターに直接土を入れ、植物を育てます。土と水と空気の理想的な割合を保持することにより、まるで地面に植えたかのような状態で植物を育てることが出来るのです。

軽くて、カラーも豊富。これは、ガーデニングが一気に華やかになりますね。



“ボタニカルラボラトリー”。
まさに植物を研究するかのような、今まで見ることのなかった世界を開拓できる。とにかく、かっこいいんです。そんな空間をぜひ味わってみてください。

◆ご紹介した商品
「1012Terra」 各種14,700~16,800円
「BACSAC」 各種3,150円から
◎阪急うめだ本店10階 「H.P DECO 好奇心の小部屋」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/06更新)