ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

期間限定ショップ「caminoruta(カミノルタ)」で見つける
美しい小鹿田焼の器たち


雑貨日記

  • 更新日: 2013/12/15
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店



和食にも、洋食にも合う温かみのある器といえば、ここ数年で大人気の「小鹿田焼(おんたやき)」。
大分県日田市から車で約30分ほどの山の中、皿山にある小鹿田地区と呼ばれる集落で、江戸時代から続く昔ながらの伝統を、親から子へ“一子相伝”で守られて作られている陶器のことです。



ネットショップでその小鹿田焼を取り扱う「caminoruta(カミノルタ)」が、今年も阪神梅田本店7階「テーブルエッセンス」に期間限定ショップとしてやってきています。10ある窯元から、6軒の窯元、18歳から83歳までの作り手10名が作る小鹿田焼。その数何と1200点も!



ひとつひとつが全て手作業で作り上げられる器たちは、作り手により少しずつ表情が異なります。
お皿だけではありません。ピッチャーや花器など、たくさんの種類がありますよ。大きさも釉薬のかけ方もひとつひとつ個性があり、選ぶのがとても楽しいのです。



どの器が、18歳の作り手の物なのか、どの器が83歳の作り手の物なのか。器に対する作り手一人ひとりの個性の面白さとはどんなところなのか。そんなお話も、ぜひ、オーナーの肘井さんに、聞いてみてください。お話をきくと、買わずにはいられなくなりますよ。



小鹿田焼の素敵なところは、どんな料理も美味しく見せてくれるところ。この素朴で温かみのある器は、使い込むほどに色や風合いが増すというのも特徴です。
北欧などの器との相性もとてもいいので、ぜひ洋食器とも合わせてみてください。



「caminoruta」は普段はオンラインショップしかやっていないので、こうして選ぶことはできません。だから、こうして実際に自分の目で見て触って、そしてお話をしながらお気に入りを見つけることが出来るということは、またとないチャンスなのです。

ぜひ、この機会に小鹿田焼の素晴らしさに触れてみてください。
いつもの食卓を素敵な器で華やかにしませんか。

「caminoruta」期間限定ショップ
◎阪神梅田本店 7階「テーブルエッセンス」
◎12月17日(火)まで


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/10更新)