ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

カイ・ボイスンのキュートな動物「ソングバード」


雑貨日記

  • 更新日: 2014/3/12
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

デンマークのデザイナー「Kay Bojensen(カイ・ボイスン)」といえば、木製のおさるさんを思い出す方も多いと思いますが、1950年にデザインされた幻の小鳥とも言われる「Songbird(ソングバード)」をご存知でしょうか。


■ソングバード(左)Pop/(右)Kay 各9,450円

カイ・ボイスンが生前デザインして、一度も世の中の目に触れなかった小鳥を、遺族が見つけ、半世紀以上の時を経て商品化されたもの。色とりどりの小鳥たちは、職人の手によって丁寧に作られ、それぞれ一羽ずつ名前がついています。そのついている名前というのが、全てカイ・ボイスン本人の名前や、親戚の名前なのです。ブルーの小鳥はカイ本人の名前「KAY(カイ)」。緑の頭の子はカイのニックネームである「POP(ポップ)」。このニックネーム、ソーダばかり飲んでいたのでソーダ・ポップというニックネームがついていたそうです。


■ソングバード (左)sunshine/(右)Ruth 各9,450円

きれいなライトブルーは、オリジナルの彼の作品を再現したという「サンシャイン」。かわいいピンクは義理の娘の「ルット」。


■ソングバード (左)Otto/(右)Peter 各9,450円

赤い頭と、グレーのボディはカイの唯一の息子「オットー」。そして、黒い小鳥は孫の「ピーター」。



それぞれしっぽの裏には「KAY BOJENSEN」の刻印がされています。



シックなカラーの子たちがいいですか?



それともポップで明るいカラーの子たちがいいですか?
カイ・ボイスンのソングバード。それぞれお部屋のインテリアに合わせて、かわいい小鳥を一羽飼ってみませんか?暖かな日は、チュンチュンと小鳥の歌声が聞こえてきそうですね。

◎阪神梅田本店 7階「テーブルエッセンス」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/10更新)