ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

石村由起子さんの“心地いい暮らし”を手に入れる1週間


雑貨日記

  • 更新日: 2015/5/28
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

今週の阪急うめだギャラリーはあの、奈良「くるみの木」のオーナー石村由起子さんの『住まう空間・暮らしの道具』。



会場には、石村さんの使い続けているもの、暮らしの中には欠かせないものがあふれた“理想の家”が出現!



暮らしのシーンに分けて提案された空間のディスプレイは、参考になるものばかり。





家の中で使うインテリアは、自然の素材にこだわり主張しすぎない物を選ぶという石村さん。こんなかわいらしいスツールも提案されていましたよ。



こちらはシンプルなスツール。こうしてグリーンを置いたりベッドのサイドテーブルに使用したり。
ナチュラルで飾らない家具は、心地のいいい空間に仕上げるのにはかかせないものです。



会場には、石村さんとの交流が深い料理家の方のおすすめのものもありました。
こちらは、料理家の渡辺有子さんがデザインしたというグラス。まるでパリの骨董市などで売っているようなとても素敵なグラスは、シャンパングラスとして使ったりシャーベットを入れたり。小さなお花を飾るのも素敵ですね。



こちらは、料理家 渡辺康啓さんが提案する、ステンレス製の器とプレート。カレーを入れるのはもちろん。プレートはコースターやちょっとしたお菓子をのせて。無機質なステンレス製も、どこか温かく感じる不思議な器です。



展示会などを開くと、すぐになくなってしまうという井山三希子さんの器も来ています。これは大興奮です。



そして、アートステージでは奈良 「くるみの木」のショップがオープン。
人気のカゴバッグは、お野菜を入れたりクロスを入れて収納ボックスとして利用することもできます。



蚊取り線香入れ一つにしても、とってもおしゃれ。フィンランドのブリキ職人さんが作ったものだそうです。部屋のインテリアを壊さない無駄のないデザインは、ずっと使い続けたい道具のひとつになりそうです。



そして、これは食べてほしい!私も大好きで毎回買っている「くるみの木」オリジナルのトマトケチャップです。トマトの旨みがギュッと詰まった優しい甘みのケチャップは、オムレツ、オムライスにたっぷりかけて食べてほしい、個人的にすごくおすすめしたい食べ物のひとつです。(笑)

会場には雑貨から家具、おいしいものもたくさんあります。奈良まではちょっと遠いなという方は、ぜひ来てほしい。石村さんの丁寧な暮らしのヒントがたくさんつまった会場は、6月1日(月)まで。「丁寧に暮らす。」「大切に使い続ける。」「居心地のいい空間をづくる。」誰もが憧れる心地のいい暮らしを、ぜひ取り入れてみてください。

「石村由起子さんの、心地いい暮らし。」 会場は3つ!
■住まう空間・暮らしの道具
◎5月27日(水)~6月1日(月)
◎9階 阪急うめだギャラリー
※催し最終日は午後6時終了
[展示販売・入場無料]

■奈良「くるみの木」期間限定ショップ

◎5月27日(水)~6月1日(月)
◎9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時終了

■日々の暮らしの側にあったらうれしいもの「森のマーケット」

◎5月27日(水)~6月1日(月)
◎9階 祝祭広場
※催し最終日は午後6時終了
◆石村由起子さん関連記事
▼暮らしの劇場「石村由起子さんの、心地いい暮らし」

▼「くるみの木」オーナー石村由起子さんが提案する 心地いい暮らしの空間



※facebookにジャンプします    


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/03更新)