ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

チクチク好き大集合!
つくるときめき♡セッセ手芸雑貨マルシェ2015


雑貨日記

  • 更新日: 2015/7/9
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

針と糸を持つと時間を忘れてしまうくらい没頭してしまう。想像よりももっと素敵なものが出来た。これには何を組み合わそうか…。想像するだけで楽しくってたまらない!そんなチクチク大好きは、阪急うめだ本店9階の催場に行ってください!



パリ1区に本店を構える「la droguerie(ラ ドログリー)」では、あらゆる素材のボタンやリボンなどがたくさん!自分だけのオリジナルアクセサリーを作ったり、お洋服のボタンを一つ付け替えるだけでもグッとおしゃれの幅が広がります。



ヴィンテージ手芸材料を取り扱う「ブルーキュラソー」には、フランスやイギリスのヴィンテージレースやボタンが勢揃い。まるで、蚤の市で宝物を見つけるような、そんな感覚でパーツを探してみてください。



チェコビーズやボタンを多く扱う「チャルカ」さんも来ています。ここでは、パーツに使えるボタンやビーズはもちろん、アクセサリーも置いています。



こちらは、主にドイツ、フランス、ベルギーのヴィンテージファブリックを取り扱いしている「マザーリップ」。実店舗は東京の代官山にあるのですが、実はレディースのヴィンテージのお洋服しか置いていないんです。そう、こんなイベント時にしかファブリックを手に入れることが出来ないんです!アフガニスタンの民族衣装のパーツや、1900年代前半のファブリックで自分だけのオリジナルお洋服にリメイクしてはいかが?



日本のブランドのファブリックも来ていますよ!北海道生まれのデザイナー 岡理恵子さんが手掛ける「点と線模様製作所」です。繊細な刺しゅうが施されたファブリックを、自分の目でみて好きなだけ買うことが出来るなんて、なかなか出来無いブランドです。お得な端切れセットなどもあるので、ぜひポーチやクルミボタンなどを好きなように作ってみてください。

作るのが大好きな方にはたまらない1週間ですね。
また、会場にはクリエーターさんが手がける1点モノのショップも来ています。



チーム「ナゲット」からは、「Petit Maple Leaf」というかわいいフェルトのお人形や、レース糸で作られた「i-mai-main」のぬくもりあふれるイヤリング。



カラスウリという夕方から夜にかけて咲き、朝にはしぼんでしまうという何とも儚いお花を、大ぶりのイヤリングにしたのは「Masadonna embroidery 」。この繊細な刺しゅうをしているのは、なんと男性デザイナー!独特な雰囲気のアクセサリーは、どっちかというと芸術作品のようです。



キッチュなカラーの刺しゅうが施された「ドォーク・マーイ」というブランドのアクセサリーたち。
色使いがポップで、着けているだけでテンションあがってきそうです。



このクラッチ、すごいんですよ。地模様に見えますが…実はすべて刺しゅうなんです。もう、すごすぎるので、ぜひ見てください!



チーム「スケロクでは」色んな生地を組み合わせて作られた人形、クリエーター 山さきあさ彦さんが作る「山ぐるみ」がやってきていました。型紙などを使用せずモチーフを限定しないその不思議な人形は、1つと同じものがありません。ぜひ、名前を付けて可愛がってあげてください。



そして、今回も来ていました!「pixie pixies」です。
要らなくなったお洋服や端切れを使って作られるアクセサリーに、猫ちゃんのブローチがやってきていました。こちらのブランドは本日夕方から、パーツ組み合わせ自由!のオリジナルアクセサリー作りのイベントも行います。もしも定員が空いていたら参加できるのでぜひ、作ってみてください。(この他のイベント予定と参加申込はこちら

昨日より始まった『セッセ手芸雑貨マルシェ2015』には、作るときめき。選ぶたのしみ。チクチク大好きにはたまらないそんな楽しみがギュッと詰まっていますよ!とにかく作ることが大好きなあなたには、めちゃめちゃ楽しい会場となっています。

■セッセ手芸雑貨マルシェ2015
◎7月14日(火)まで
◎阪急うめだ本店 9階催場
※最終日は午後6時終了


※facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/13更新)