ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

大切に取っておきたくなる美濃和紙
「3120(サンイチニゼロ)」のウォーターマーク(透かし模様)


こだわりステーショナリー

  • 更新日: 2013/10/5
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



ちょっとしたメッセージを残すとき、どんな「紙」に書きますか?
日本の中央に位置する、美しい水に満ち溢れた土地、岐阜県・美濃市。その美しい土地で作られる、1300年以上続く伝統工芸品である美濃和紙メーカーと、アーティスト高橋理子さんとがコラボレートして生まれた「3120(サンイチニゼロ)」の美濃和紙で書いてみませんか?



「Watermark(透かし模様)」というシリーズの美濃和紙のメモパッド。



こうして、色の濃いテーブルなどに置くと模様が浮かび上がります。



日本独特のこの美しい手漉きの和紙。
海外にはない、本当に繊細で素敵な「紙」ですよね。



もちろん。このカラフルなノートも、メッセージカードも中は素敵な「Watermark」。
日本の美しい手仕事、美濃和紙。こんなに現代的で、使いやすいステーショナリーになりました。
ちょっとしたメッセージも、大切に取っておきたくなる。そんな「紙」で書いてみませんか?

◆ご紹介した商品
「3120(サンイチニゼロ)」
Memo block 5×50 (サイズ:14.8×10.5cm,250枚) 1,890円
グリーティングカード(S)(サイズ:14.8×10.5cm) 378円
ノートブック(L)(サイズ:10.5×21cm 60ページ) 各色1,470円
ノートブック(M)(サイズ:10.5×14.8cm 60ページ)各色1,050円
◎阪急うめだ本店 10階「文具雑貨マルシェ」
◎期間:10月8日(火)まで


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る