ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

世界に1つだけの自分のノートを作る
「lleno(リエノ)」オリジナル手製本


こだわりステーショナリー

  • 更新日: 2014/9/17
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

大好きな人と、毎日一言だけ相手に対して“ありがとう”の感謝の言葉を書いて、交換日記をしてみませんか?

いつも照れくさくて言えない“ありがとう”を、ノートに書いて毎日手渡すんです。喧嘩しても、嫌なことがあっても。こうすることによって、より お互いに、相手の事を思いやる気持ちが生まれ、日々の生活の中にある幸せに気付くことが出来ます。すごく素敵な1冊になると思います。



そんな、素敵なノートの使い方を提案してくれるのは、京都市中京区に店を構えるオリジナル手製本ノート専門店「lleno(リエノ)」。1冊1冊を全て手製で作ることにこだわったノートを販売するこのお店で、自分だけのオリジナルノートを作ることができるのです。



表紙のカラーは約30種。ノートとなる紙の種類、見返しの色を選びます。



さすが、手製本!ここにもこだわります。花布(はなぎれ)と呼ばれる、ノートの天地に着けるかざりや、しおりの色等もしっかりお気に入りを選んでください。



表紙には、イニシャルの他名前を入れたり、裏表紙にもお気に入りの言葉やポエムなどを入れることもできます。



誕生日や、人生の節目のお祝いにプレゼントしたり、こどもが生まれるまでの日記帳にしたり、これから結婚するお友達にプレゼントしたり。

人生を書き込むノート。記憶を残すためのノート。自分の人生の一部となる、世界で1つだけの自分のノート作りを始めませんか?

お渡しは、約1か月後。じっくり選んで、最高の1冊をお作りください。

■オリジナル手製本
◎種類と金額:ノートRサイズ(幅14.5×高さ23.5cm) 2,270円、ノートA6サイズ 1,620円
◎オーダー内容:表紙(紙質・色)、見返し紙、花布(はなぎれ)、しおりひも、用紙
※お渡しまで約1ヶ月
※表紙や裏表紙にデザインする文字 350円

■ノートの使い方 トークイベント
◎9月21日(日)午前11時から
◎場所:祝祭広場
リエノの代表の神田樹希さんが、ノート専門店を始めるきっかけも詳しくお話ししてくださいます。“テーマと少しのルール”で書くことが楽しくなる、読むことがうれしくなるノートの使い方を紹介します。


■阪急 文具の博覧会 2014 秋 ノートの魅力 再発見
◎9月17日(水)~23日(火・祝)※催し最終日は午後6時終了
◎9階 祝祭広場「llieno(リエノ)」

※facebookにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る