ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

日本の技術が集結した鉛筆削り
「グラスジャーシャープナー」


こだわりステーショナリー

  • 更新日: 2016/3/28
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店




今流行りの、ガラスの容器。



蓋の上には、穴が開いていますよ。



ストローを用意…じゃなくって、鉛筆をご用意ください!



実は、蓋を開けると…



鉛筆削りの刃が2枚ついています。その刃を作るのは、今話題の日本が誇る鉛筆削りメーカー大阪 「中島重久堂」!!!



早速クルクルクル…。



2枚の刃が、勢いよく鉛筆を削ってくれます。



その回転数、わずか8回ほどで終了!



新品の鉛筆をきれいに削ることが出来ました。(調子に乗って削りまくった後です…)


Two Blade GLASS JAR SHARPENER 2,700円

一般的な鉛筆削りの約2倍の速さでで削ることが出来る鉛筆削り。削りカスも出ず、色んな色の削りカスがたまる様子も何だかアート♡サクサクと滑らかな削ることができるところも◎。

メイドインジャパンが生み出した、おしゃれでカワイイ鉛筆削り。あなたもおひとついかがですか?

◎阪急うめだ本店 10階『うめだスーク』北街区「文具雑貨マルシェ」


※facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る