ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

夏の思い出、これからの思い出をノートに残そう
「自分らしいノート作り 阪急 文具の博覧会 2017秋」


こだわりステーショナリー

  • 更新日: 2017/8/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店
■8月17日(木)~28日(月)
※催し最終日は午後6時終了



「阪急 文具の博覧会 2017秋」が始まりました。
今回のテーマは自分らしいノート作り。


※こちらはスケッチトラベラー(旅日記作家)ハヤテノコウジさんの作品です

海外で数年前から話題となっている「ブレットジャーナル」って聞いたことありますか?
スケジュール管理をするための自分で作る手帳の事。こんな風に日記や目標管理、お買い物リストなどとにかく自分の好きなようにノートをアレンジして楽しんで、作ってみませんか。

そんなブレットジャーナルを楽しむなら、こちらのノートがおすすめ!


「ロイヒトトゥルム」

“保存するためのノート”として2005年ドイツで生まれた「ロイヒトトゥルム」です。
自分のラッキーカラーを選んでみるのもいいですね。



会場では、普段は開催していない名入れサービスの承りも行っています。まさにオリジナルノートの出来上がりです!



例えばこんな風に、ランチを日記風に書き残すのも楽しいですね。


(画像上右)「スタビロ」(画像下)「コピックチャオ」

オリジナル手帳を作っていくには書きやすいカラフルなペンも必要ですね!
「コピックチャオ」というペンは、重ね塗りができるので、まるで絵の具のように描くことができます。その日見た思い出を描くのにピッタリなペンです。



お手軽にデコレーションするなら、マスキングテープがおすすめ。
ちょこっと貼るだけで、可愛さもアップ。「貼暦」は、日にちと曜日がセットになったテープ。これだけで真っ白だったノートもあっという間にスケジュール帳に早変わり!



シンプルなノートには、大きなレースのロールステッカーでデコレーション。


「コクヨ」阪急限定測量野帳 540円

会場で、ぜひ手に入れてほしいのがこちら!
阪急限定の「コクヨ」測量野帳です。あの、阪急百貨店の懐かしい包装紙柄が表紙になりました。もちろんカラーはあのマルーンカラー。





会場にはオリジナルのノートを作ることができるブースや、オリジナル手帳作りのアイデア満載の実演・体験・ワークショップも連日開催しています。ぜひ、参加してみてくださいね。

ポイントは、少しづつ作っていくこと。
まずは真っ白なノートに、この夏の思い出を書き込みませんか。
さあ、1年後、あなたのノートはどんな楽しいノートに仕上がっているのかな?




※facebookにジャンプします




※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る