ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

今最も注目の美濃の陶芸家
大野繁保さんの展覧会


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2012/11/12
  •  
  •   mixiチェック

岐阜県土岐市で山王窯(さんのうがま)を開く陶芸家、大野繁保(おおの しげやす)さん。
昔ながらの美濃焼の技法による、灰釉(かいゆう)作品が大野さんの持ち味です。
大野さんは、本年、日本工芸会正会員に認定、さらに中日賞も受賞。
そのめざましい躍進ぶりが今注目されている美濃の作家です。

「灰釉花器」 高さ27.5×径25cm

上品に艶めいた色合いと、たまごのような丸い造形。
マット調の灰釉に、ほんのりと乗った薄紅風の色調が、慎ましやかにも心ときめかせる花器です。

日々の食卓に欠かせない、皿や鉢などの器の新作も多数そろいます。

左から
「灰釉取皿」 17×17×高さ3.8cm
「灰釉輪花皿」 16.7×16.3×高さ4.8cm
「灰釉角皿」 15×15×高さ3.5cm
「灰釉角小鉢」 12×12×高さ7.5cm
「灰釉四方押し中鉢」  17×17.5×高さ6cm

今展のテーマは「静」と「動」。
「静」は白土、「動」は黒土を用いて作陶されているのだとか。
灰釉のバリエーションと、静と動のコントラスト。
見どころが満載な大野さんの作陶展、楽しみですね。


◆第6回 美濃 大野繁保作陶展
◎阪神梅田本店9階 美術工芸サロン
◎2012年11月14日(水)~11月20日(火)


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/10更新)