ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「セッセ kawaii 刺しゅう展」
関西を中心に活躍する若手刺しゅう作家4名をクローズアップ!


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/1/10
  •   mixiチェック

ヨーロッパ刺しゅうの歴史は古いですが、今ではごく身近な手芸として親しまれている刺しゅう。優雅で女性らしいイメージは女性ならだれしもがあこがれますね。そんな乙女心をきゅんとくすぐる、かわいい刺しゅうの作品展示会が阪急うめだ本店 9階 アートステージで開催されています。出品作家は関西を中心に活動する若手刺しゅう作家の4人です。


堀内友紀さん

1988年生まれ。大阪府在住の刺しゅう作家、堀内友紀さん。年に一度開催する個展では、海外製ビンテージ素材を用いて制作した一点もののバッグや雑貨等を展示販売されています。
「作品を通して出逢った方々と“兄弟”のように親しく、遠く離れていても支えあえる関係になれますようにと願いをこめて、ひと針ずつ丁寧に手刺しゅうをしています」と堀内さん。




田村里香さん【tam-ram(タム ラム)】

2005年に大阪・靱本町にアトリエショップをオープンし、刺しゅう、編み物作家、『tam-ram(タム ラム)』としても活動する田村里香さん。今年8周年を迎えるショップでは作品販売の他に、刺しゅう教室も開催。
「女の子らしいもの、あかちゃんのもの」をコンセプトに、繊細でやわらかな色合いにこだわった作品づくりをしています」と田村さん。




石井寛子さん【CAHIER(カイエ)】

2002年より刺しゅうを使った活動「CAHIER(カイエ)」を開始した刺しゅう作家/イラストレーターの石井寛子さん。2012年より活動拠点を奈良に移しました。アナログイラスト、刺しゅうイラストレーションを中心に、刺しゅう関連の書籍監修や文芸書、絵本、児童書等への刺しゅうイラストを手がけられています。刺しゅうキットのデザイン、刺しゅう教室講師などで活動されています。




川畑杏奈さん【annas(アンナス)】

1980年大阪生まれの川畑杏奈さんは、2006年より刺しゅう作家として活動をスタート。童話や動植物をモチーフにしたオリジナル図案で制作。2012年5月にはNHK「すてきにハンドメイド」に出演。刺しゅう教室を東京や大阪、神戸ほかで定期的に開催されています。

4人の若手作家による、可愛い過ぎる刺しゅうワールド。ひと針ひと針、ていねいに刺したステッチから、愛らしい夢の世界が広がりますね。


■セッセ kawaii 刺しゅう展
出展作家:川畑杏奈、田村里香、石井寛子、堀内友紀(順不同・敬称略)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
◎2013年1月15日(火)まで ※催し最終日は午後6時終了



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/10更新)