ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

吉村恒保さんの創作腕時計が奏でる時空を超えた物語
「時の音色展 ~le ton du temps~」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/8/14
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


ブレスレットウオッチ 真鍮・馬革 33,600円

柔らかく肌触りの良い馬革。オレンジ系の色味は、とても肌なじみが良いですね!
腕時計とブレスレットを重ねづけしたような可愛いルックス。
文字盤の数字は4,5,7,8のみという潔さ!
派手過ぎず、地味過ぎず、こどもっぽ過ぎず、大人っぽ過ぎない、絶妙のバランスです。

長い馬革のストラップをくるくるっと巻きつける、おしゃれなブレスレットウオッチは、ウオッチクリエーター・吉村 恒保(よしむら つねやす)さんのハンドメードの創作腕時計。


吉村 恒保さん

ただいま阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』 中央街区の期間限定ショップスペースでは、「時の音色展 ~le ton de temps~」が開催。
同うめだスーク 北街区にあるファンクション・アートギャラリー「GALERIE le ton du temps(ガルレ ル トン デュ トン)がプロデュースを手掛けています。
そう、“le ton de temps”は、フランス語で“時の音色”を意味し、吉村さんをはじめとする6人のクリエーターが、時をテーマに作品を制作しています。


ペンダントウオッチ インカローズ・真鍮・スワロフスキーのラインストーン 36,750円

吉村さんの創作腕時計は、世界にたったひとつ生み出される腕時計。
19世紀末のアールヌーボージュエリーの制作がそうであったように、独創性あふれる繊細かつユニークなデザインと芸術性を併せ持ち、優れた技術をもって、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

こちらの、しずく型の大振りのインカローズの美しいローズピンクがハッと目を引く、ペンダントウオッチ。
ベゼルは真鍮のいぶし仕上げで、ヴィンテージのような味わいある趣です。
実はこの時計、首に着ける人が時間を見やすいよう、正面から見ると、文字盤は逆さ向きになっています。
でも、大丈夫。文字盤には数字の表示はなく、スワロフスキーのラインストーンがアクセサリーとして施されているので、他の人には逆向きには見えない仕組み。心憎いですね!

作家が想像し創造する時空間を超えた物語。
作品が音符のように重なり、メロディーを奏でます。
身につけることで、アンサンブルへと膨らむハーモニー。あなたも奏でてみませんか。

■時の音色展 ~le ton du temps~
◎阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』 中央街区 期間限定ショップスペース
◎2013年8月20日(火)まで ※催し最終日は午後5時終了

【関連記事】
ウオッチクリエーター 吉村恒保さんの世界にひとつだけのハンドメードの創作腕時計


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/09/26更新)