ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

アーティストたちのピュアなスピリットが宿る
「コンテンポラリーアートジュエリー Vol.2」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/8/25
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


松尾 郁子 ブローチ 14,700円

阪急うめだ本店 アートステージで開催中の「コンテンポラリーアートジュエリー展 Vol.2」で、現代アートジュエリー界を牽引するギャラリストの一人、O-Jewel(オージュエル 東京)ディレクター、大地千登勢(おおち ちとせ)さんがセレクトするジュエリー作家、松尾郁子さん、Huang Janny(ハング・ジェニー)さんのお二人にお目にかかりました。

こちらは木や貝殻を使ったオブジェのような松尾郁子さんのジュエリー。
どこか遠い記憶が呼び覚まされる、美しい色遣いです。


松尾 郁子さん

もともと日本画を描いていた松尾さんのジュエリーは、木や貝殻などの素材に、日本画の顔料である岩絵の具で彩られています。
「木や貝殻は、それだけで完璧な美しい形なので、どこかに傷があったり、何かが足りないと感じるところに、少しだけ手を加えます。岩絵の具は珊瑚や貝殻を原料としているので、とても素材となじみが良いのです」と語る松尾さん。


松尾 郁子 ブローチ 14,700円 

木や貝殻を素材にし、できるだけ手を加えない自然の色や形を生かした創作。
青い海や森からの大切な贈り物のようですね。




もうお一方、台湾出身のアーティスト、Huang Jannyさん。

Huang Jannyさん

「ガラスの粉状のものを層を作って固めて焼く、七宝(エナメル)という技法で制作しています」と語るJannyさん。
創作のインスピレーションとなっているのは、最愛のお母様の想い出です。


Huang Janny ブローチ 26,250円

Jannyさんの作品のテーマは、“white bone, white spirits”
白は骨であり、精神の象徴。また、純粋を意味します。


Huang Janny ブローチ 32,550円

骨から永遠の花を咲かせるブローチ。
骨は見えないけれど人を支え、人が亡くなってからも永遠に残るもの…。



アーティストたちのピュアなスピリットに支えられ、次々と進化して行くコンテンポラリーアートジュエリー。
あなたの感性に響く、美しいアートピース。
さりげなく、その身にまとってみませんか。

■コンテンポラリーアートジュエリー展 Vol.2 <展示販売>
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
◎2013年8月27日(火)まで ※催し最終日は午後6時終了

【同時開催】 神戸ファッション美術館 ミュージアムショップ 『museum in museum inうめだ阪急』

【関連記事】
周防 絵美子さんの繊細な透け感が楽しめる金属ジュエリー
 「コンテンポラリーアートジュエリー Vol.2」


ギャラリストや作家に会える!
「コンテンポラリーアートジュエリー展」



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/09更新)