ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

グラフィックなアートを身にまとう楽しさ
デザイナー 畑 良太さんの『 monikoto(モニコト)』期間限定ショップが「うめだスーク」に登場


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/8/27
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


こうのとりボーダー

翼を広げ、おおらかに空を飛び交う、こうのとり。
よく目を凝らしてみると、こうのとりの背に乗る王冠をかぶったお茶目な王様がいたり、くちばしに音符をくわえた鳥がいたり…。
波打つ色がボーダーのように配置されています。

ファンタジー物語の一場面のようなデザインは、デザイナー、畑 良太(はた りょうた)さんによるもの。
畑さんがディレクターを務める、東京発、オリジナルのグラフィックを駆使した柄が楽しいウエアや雑貨のショップ『monikoto(モニコト)』が期間限定で「うめだスーク」に登場しています。


おとづれ

「モニコト」とは、ヒト、モノ、コトをキーワードに、ARTS & CRAFTS(アーツ & クラフツ)の精神を受け継いだプロジェクト。
畑さんによれば、「ひととひとをつなぐもの。心と心をつなぐことをキーワードに生命から美を再発見し、シンプルなライフスタイルを提案。自然と音を感じ、ありのままの自分になれるものを表現」しています。

「おとづれ」柄は、良き知らせの“おとづれ”を表現し、自然現象を古来の神々の来訪を告げるという意味合いが込められています。
こうのとりをはじめ、幸先良いとされるキリンなど、エキゾチックな動物たちが万華鏡のように描かれていますね。


猫じゃらし

えっ? 猫じゃらしって、茎の上に本物の猫が!
「猫じゃらし」柄は、伝説の人面草、マンドレイクの木になぞらえて、猫のはえる植物が表現されています。
こんな遊び心も、『monikoto』ならでは。

猫じゃらしワンピース 31,500円

ちょっぴりシュールな「猫じゃらし」柄がワンピースになると、こんなにキュート!
シュールレアリスムの油彩画を直接身にまとったような感覚ですね!
クラシックで、上品なテーストに仕上がっているので、パーティーでもおすすめです。
きっと注目度大ですよ。

ディープでシュールなテースト感と、クラシックなクラフト感が魅力の畑良太さんの『monikoto』。
グラフィックなファンタジック・ワールドを身にまとって、この秋、アートな着こなしで遊んでみてはいかがでしょうか。

■期間限定ショップ 『monikoto(モニコト)』
◎阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』 中央街区
◎2013年9月10日(火)まで ※最終日は午後5時終了



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/08更新)