ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「イタリアフェア2013」
秘められし禁断の仮面が祝祭広場に集結
「Maschera meets artists(マスケラ ミーツ アーティスツ)」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/11/10
  •  
  •   mixiチェック

阪急うめだ本店


阪急うめだ本店で開催中の「イタリアフェア2013」。
『祝祭広場』は連日、ヴェネチアのカーニバル(謝肉祭)のような賑わいですね。
ヴェネチアは仮面舞踏会の発祥地。毎年2月に開催されるカーニバルの主役は何と言っても、華やかなマスケラ(仮面)。
祝祭広場では、「Maschera meets artists(マスケラ ミーツ アーティスツ)」と題し、イラストレーター、漆芸家、陶芸家など、日本人クリエーターたちが今回のために制作した100点を超える仮面が特別に展示販売されています。


三品 雅子 仮面 18,900円 

「水」を軸に日常の中の非日常空間をイメージした作品を制作する、造形作家、三品 雅子さん。
うねるように鮮やかな色遣いの仮面には、ビーズや孔雀の羽があしらわれ、妖艶さが漂う作品です。


保坂 優子 仮面 7,350円

イラストレーター、銅版画家の保坂 優子さんの手による優美な作品。
向き合い、手を合わせる二人の女性の神秘的な姿、色彩の美しさに魅了されます。


山田 康平 仮面 13,650円

1998年、東京生まれの中学3年生の山田 康平さんは、幼少の頃よりマザーグースをはじめ多くの物語や詩の世界に親しみ、ボタニカルアート、水墨画、水彩画で作品を制作。
擬人化したねずみの物語が描かれる仮面は、弱冠15歳とは感じさせない成熟した仕上がりに。


野々村 ゆみ子 仮面 「The queen of a crecsent moon」 31,500円

画家、イラストレーター、野々村ゆみ子さんの作品は“三日月の女王”をイメージ。
メイクアップアーティストであった経験が遺憾なく発揮された、歌舞伎の隈取(くまどり)を思わせる華麗な風貌です。


冨田 陽子 仮面 21,000円

リキテックスにメディウムを混ぜ、鉄筆でスクラッチし、色鉛筆で影をつけるという技法を駆使するイラストレーター、冨田 陽子さん。
清冽でエレガントなパープルが印象的な仮面には、妖しく揺れる羽がつけられています。



秘められたデカダンスな香りに包まれるカーニバルの妖しいマスケラ。
トーマス・マンの「ベニスに死す」の、美少年を追い街を彷徨するアッシェンバッハ教授さながら、
仮面の下に棲む魔物を解き放ち、陶酔の深淵へと導くあやかしの聖域へ、いざ誘われん!


▼【関連記事】
イタリアフェア2013 イタリアの月とカーニバルなうさぎたちの幻想世界 おかい みほ 絵本原画と陶造形展




▼【関連記事】
イタリアフェア2013 ヴェネチアの歴史やクリエーターたちの情熱をその煌めきに湛える「ヴェネチアンビーズの魅力」




■イタリアフェア2013
「Maschera meets artists マスケラ ミーツ アーティスツ」(展示販売)
◎阪急うめだ本店 9階 『祝祭広場』
◎2013年11月12日(火)まで ※催し最終日は午後6時終了


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/08更新)