ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【JAPANフェア2014】
石村 由起子、「くるみの木」とともに。30年の収穫祭


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/5/29
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



奈良の街に根ざしたカフェ・生活雑貨店「くるみの木」。
30年を迎え、オーナーの石村 由起子さんの思いが凝縮した特別な催しが、『阪急うめだギャラリー』と『アートステージ』で開催されています!


石村 由起子さん

会場には、お客様と気さくにお話しをされる石村さんの姿がありました。
自然を取り入れたライフスタイルを提唱する石村さんのファンは多く、
「一見、バーゲン会場のようになっていますが、値段の安いものを求めて来られるバーゲン会場とは違い、値段にかかわらず、価値を求めてたくさんのお客様がお越しになられているのがとてもうれしいです」と石村さん。



2009年の「奈良のたからもの展」開催など、阪急うめだ本店ではおなじみの「くるみの木」ですが、30年を迎えた温かい雰囲気、素朴でやさしい空間になごみますね!



石村さんにとっての30年は、暮らしの時間を、いかに心地よく満たすか、喜びあるものにするか、向き合ってきた年月。
定番の品として知られる数々のものも、石村さんが日本各地へと足を運び、人と出会い、自ら使いこなし、選ばれ、生まれてきたものばかり。



会場には、30周年の特別限定作品のコーナーも!



石村さんと親交の深いギャラリーの出店も。
「ギャラリーやまほん」他。



30年の間、伸びやかに育ってきたくるみの木。
わくわくするような収穫の時をお楽しみください。

■「石村 由起子、「くるみの木」とともに。30年の収穫祭」 <展示販売・入場無料>
◎阪急うめだ本店 9階 『阪急うめだギャラリー』、『アートステージ』
◎2014年5月28日(水)~6月2日(月) ※催し最終日は午後6時終了

【アートのある暮らしの関連記事はこちら】
やさしい肌ざわりと存在感のあるインドのテキスタイル 『ババグーリ(babaghuri)』の「ネルー・クマール(Neeru Kumar)展」




高級感あふれるチタンとガラスの競演 かがやき、ゆらぎ、透き通るグラスウェア 「プレミアムチタングラス Sun Fly(サンフライ)」




すがすがしい水をイメージした有田焼の器 『アリタポーセリンラボ(ARITA PORCELAIN LAB)』 「ジャパンブルー(JAPAN BLUE)」






※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る