ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

Wonderland Wonderland-フシギナオチャカイ
『不思議の国のアリス』鉛筆画作家 村澤 美独 原画展


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/7/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



イギリスの数学者、チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(Charles Lutwidge Dodgson、1832-1898)が、ルイス・キャロル(Lewis Carroll)のペンネームで書いた児童小説『不思議の国のアリス』。
こちらは鉛筆画作家、村澤 美独(Vidoku Murasawa)さんが描く、モノクロームの世界に息づく魅惑的なアリスの原画です!


「ナンセンス!」 鉛筆 73,200円 

阪急うめだ本店「うめだスーク」で『不思議の国のアリス』のワンシーン「不思議なお茶会」をテーマに催されている期間限定イベント「Wonderland Wonderland-フシギナオチャカイ」の中のミニギャラリー「村澤美独 原画展」。
細部まで緻密に描かれた写実的な鉛筆画は、ため息が出るほどの美しさ!


「トランプのくせに!」 鉛筆 43,200円

「ただのトランプのくせに!」とアリスが叫ぶと、いっせいに舞い上がり、アリスに跳びかかるトランプ。
ファンにはたまらない『不思議の国のアリス』のひとコマです。


『不思議の国のアリス』 ルイス・キャロル著 挿絵:村澤 美独 表紙装画:横山 浪漫 (※サンプルにつき非売品です)

現在、イラストレーターとして小説、雑誌、教材などの挿絵を手がけ、成安造形大学イラストレーションクラスの講師も務められる村澤さん。


ポストカード 各216円

原画展では、ポストカードやブックカバーなどのかわいいグッズも。



白ウサギを追いかけて不思議の国へ迷い込んだアリスさながら、モノクロームのワンダーランドへ、あなたも迷い込んでみてはいかが。

■期間限定イベント「Wonderland Wonderland-フシギナオチャカイ」
◎阪急うめだ本店 10階 うめだスーク 中央街区
◎2014年7月2日(水)~7月8日(火) ※催し最終日は午後5時終了

【うめだスーク 関連記事はこちら】
「不思議の国のアリス」のお茶会をテーマにしたクリエーター作品が一堂に!




「シャボン(SHABON)」アクセでさわやかに過ごす夏 奥西 和さんのアートジュエリー『ケイ カジュ(K.KAJU)』




「フェントンガラス」で彩る涼やかな空間






※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/13更新)