ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「暮らしの中に 職人の技展」
日本各地のスリップウェアが梅田に集結!


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/7/29
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

阪急うめだ本店 9階 催場で、7月30日(水)から開催される「暮らしの中に 職人の技展」。
なんと49の手仕事が一堂に集う、魅力いっぱいの催しです。
中でも注目は、日本各地で活躍する7人のスリップウェア作家の出展。


「袖師窯」三代目の尾野敏郎さんがバーナード・リーチ氏の指導を受けた頃の写真

ヨーロッパなど世界各地で見られた古陶、スリップウェア(Slipware)。
英国の陶芸家、故バーナード・リーチ(Bernard Leach、1887-1979)に代表され、ヨーロッパ的な風情を持ち、和洋に幅広く使えるスリップウェアは民芸の器の中でも今も根強い人気を誇ります。


三重「やまぽた」山口 和声  
飴釉5寸鉢(約直径14.5×高さ3.5cm)3,240円
灰釉6寸皿(約直径18×高さ2cm)3,240円
飴釉7寸皿(約直径21×高さ2.5cm)4,320円

三重県伊勢市にある焼物の工房「やまぽた(やまぐちポタリー=Yamaguchi Pottery)」。
山口 和声(やまぐち かずな)さんは民芸の精神を基に、飴釉や灰釉の器を作陶。
今回は、この時期にも使いやすい、少し涼しげな色合いのスリップウェアの出展もあるそう。


鳥取「岩井窯」 山本 洋
緑釉角皿、黄釉角皿(いずれも約縦12×横1.4cm)各2,160円

鑑賞用の飾りではなく、暮らしに溶けこむ普段使いの器がテーマ。
鳥取県「岩井窯」の二代目、山本 洋さんのスリップウェアは、使い勝手も良く、料理を引き立たせてくれる器です。
バーナード・リーチ氏との出会いにより陶芸を志した父・教行(のりゆき)氏から、民芸の心と技を受け継ぎます。



長崎「てつ工房」小島 鉄平
6寸皿(約直径18×高さ2.7cm)3,670円

来待白石という特殊な材料を使用し、嵌入がない、淡いはちみつ色の釉薬を使った「てつ工房」小島 鉄平さんの器。
3頭の鹿が伸びやかに描かれた6寸皿。
一番下の小鹿だけ顔の向きが逆というのがとても可愛いですね!



群馬「野の窯」石橋 紀子
蓋物(約直径15×高さ11cm)4,104円

原点である陶の里、益子から榛名山麓に移り、「ひたすら野に在ることを目指すという思いから名づけた「野の窯」の登り窯で日常雑器を営々と作陶する石橋紀子さん。
ソフトで素朴な風合いの蓋物は朝の風のようにすこやかでピュア!



長崎「紀窯」中川 紀夫
四方皿(約縦20.5×横27.5×高さ4.5cm)8,640円

自然の素材にこだわりシンプルにが信条。
大らかな柄がひと筆で描かれた中川紀夫さんの四方皿。
どこか愛嬌のあるデザインに遊び心も盛り込まれ、使うのが楽しくなりそうな器です。




島根「袖師窯」尾野 友彦
カレー皿(約縦18×横28×高さ5cm)7,020円
4寸皿(約直径12.3×高さ2.7cm)1,512円
6寸皿(約直径18×高さ3.5cm)3,240円

100年以上続く松江市「袖師窯」の五代目、尾野 友彦さん。
「袖師窯」は三代目の尾野 敏郎氏が柳 宗悦や河井 寛次郎、バーナード・リーチの指導を受け、民芸陶器の窯と知られるように。
出雲に伝承された技法を基礎とし、地元の土と原料を使い、日用品としての焼物を制作。
人間国宝 島岡 達三氏に師事。


静岡「JURO Pottery」齊藤 十郎
角深鉢(約縦23×横30×高さ6.5cm)19,440円

熊本の小代焼ふもと窯で薪窯での焼成を学び、鳥取の岩井窯でカタチを学んだという、おおらかで素朴な表情の「JURO Pottery」齊藤十郎さんの角深鉢。
料理や素材そのものが引き立つシンプルな器を中心に、ポイントになるような器も。




小皿から蓋物まで、多彩な形、素朴な土味が楽しめるスリップウェア。
重ねたり、並べたり。
盛ったり、飾ったり。
あなたらしい使い方で、器の愉しみを広げてみてはいかがでしょうか。

■「暮らしの中に 職人の技展」 <展示販売>
◎阪急うめだ本店 9階 催場
◎2014年7月30日(水)~8月5日(火) ※催し最終日は午後6時終了

【夏を楽しむアートな暮らし 展覧会関連情報はこちら】
【ハワイアンフェア2014】 南国ムードいっぱいの祝祭広場に「ヘザーブラウンギャラリー」登場!





※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/03更新)