ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

大正ロマンを代表する詩人画家
「~生誕130周年~ 竹久 夢二 作品展」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/10/11
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


秋雲流れて 復刻木版画(画寸 縦34.5×横23cm) 86,400円

大正ロマンを代表する詩人画家、竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、1884-1934)。
数多くの美人画を残した夢二の生誕130周年を記念する「竹久夢二 作品展」が阪神梅田本店 9階の特設会場で開かれています。


竹久 夢二

「大正の浮世絵師」とも呼ばれた夢二。
純然たる美術の絵画界とは一線を画し、文壇・歌壇との交流が深く、同時期の作家と多くの合作を残しています。
その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、現在も愛好家を魅了し続けています。


待てど暮らせど 復刻木版画 129,600円

「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな」。
恋多き夢二によって創られ、一世を風靡した詩歌、『宵待草(よいまちぐさ)』。


祇園歌集・表紙 初版 大正4年 302,400円

「初版作品(オリジナル版画)」は、夢二が生きていた大正初期から昭和初期にかけて、当時発売されていた雑誌・詩集・歌集等の表紙絵・さし絵等に使用するために製作された版画で、夢二が監修をした作品です。当時の雑誌は版画を1枚1枚貼り込んで販売していました。
ほとんどの作品は戦災で焼けてしまったり、紛失や汚れてしまったりで、その数は非常に少なく、100年近く経った現在、保存状態の良いまま残っている作品は少なく、「祇園歌集・表紙 初版」もまた、貴重な作品です。



「夢二のまえに夢二なく、夢二のあとに夢二なし」とまで言われる大正の天才画家、夢二。
愛好家垂涎の、独特の情感をたたえたロマンティックな美人画をお楽しみください。

■~生誕130周年~ 竹久 夢二 作品展 <展示販売>
◎2014年10月14日(火)まで ※催し最終日は午後5時終了
◎阪神梅田本店 9階 特設会場

◆アートな暮らしの関連記事はこちら
▼『英国フェア2014』開幕! 「英国現代陶芸の祖 ルーシー・リーとハンス・コパー展」 Lucie Rie & Hans Coper 絶賛開催中!


▼『英国フェア2014』 英国現代陶芸の祖 ルーシー・リーとハンス・コパー展 Lucie Rie & Hans Coper


▼『英国フェア2014』3つのロイヤルワラントを賜る 「ハルシオン・デイズ(Halcyon Days)」 スー・シェイクスピアさんエナメルペイント実演も!


▼新境地を拓く“焼き” 「第35回記念 松崎 健 陶芸展」



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/02更新)