ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

新しい門出にふさわしい彩りを
「新春 版画作品展」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/1/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


片岡 球子 「富士に花咲く」 リトグラフ 
初福価格 1,080,000円

新春にふさわしい富士山などの縁起物をモチーフにした作品をはじめとする有名作家の版画作品を集めた展覧会が阪神美術画廊で開かれています。

日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者であった日本画家・片岡 球子(かたおか たまこ、1905-2008)。
従来の日本画の概念を揺るがすような力強い画風が特徴的です。

堂々とした赤富士に色とりどりの花が咲き競うリトグラフ「富士に花咲く」は晴れやかさ満開です。


小倉 遊亀 「紅白梅」 シルクスクリーン 
302,400円

1932年、女性として初めて日本美術院の同人となった日本画家、小倉遊亀(おぐら ゆき、1895-2000)。
人物画や静物画における色彩に富む表現で知られます。
70歳を過ぎてから盛んに取り組んでいったのが梅の作品。
寒さに耐え、春一番に花咲く梅は禅の世界では厳しい修行に耐え、悟りに至る境地にたとえられます。


絹谷 幸二 「日月松桜富嶽」 リトグラフ
810,000円

日本芸術院会員、独立美術協会会員、東京芸術大学名誉教授、大阪芸術大学教授である洋画家、絹谷 幸二(きぬたに こうじ、1943-)。

インパクトのある躍動的な色彩で描かれる「日月松桜富嶽」。
太陽と月が凛然とそびえる富士を同時に照らすエネルギッシュな作品です。


写真左から 
ピカソ 「彫刻家とモデルと胸像」 リトグラフ 自筆サイン入り
初福価格 259,200円
ピカソ 「モデルとシュールレアリズムの椅子」 リトグラフ 自筆サイン入り
初福価格 259,200円

生涯におよそ1万3500点の油彩画と素描、10万点の版画などを制作し、『ギネスブック』では最も多作な美術家と記されているピカソ(Pablo Picasso、1881-1973)。
版画制作にも生涯に渡り熱中したピカソの貴重な自筆サイン入りリトグラフです。




制作の段階で偶然性による効果などで予想以上の仕上がりが生まれることもある版画。
巨匠たちを魅了した版画制作の不思議な魅力を感じてみてください。
新年は新しい門出にふさわしい彩りを添えて…。

■新春 版画作品展 <展示販売>
◎1月2日(金)~1月6日(火) ※催し最終日は午後5時まで
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊

主な出品作家
上村 松園、小倉 遊亀、片岡 球子、絹谷 幸二、東山 魁夷、
ピカソ、ミロ 他

◆新春を寿ぐ展覧会 関連記事
▼すがすがしい木の香りと共に新しい年の訪れを寿ぐ 「久保田 唯心・御季代・唯阿 第31回 木彫 幅乃神・福の仏展」


▼【予告】久保田 唯心・御季代・唯阿 第31回 木彫 幅乃神・福の仏展


▼人生を照らすあたたかく力強い墨蹟 「名僧高僧墨蹟展」


※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/20更新)