ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「キワンダ(Kiwanda)」
フリーダ・カーロの絵にインスパイアされた水彩画のような傘


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/5/20
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


雨傘 「フリーダ」 シャーベットブルー 16,200円

注目のファッションデザイナー、木内 知恵子(きない ちえこ)さんが発信するブランド「Kiwanda(キワンダ)」。
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科を卒業した木内さん。
「空間の中に点在する音を思うがままに譜面に置いていくと、その音はぶつかり合いながらも調和し、メロディーを生むようになる。今度はその点在するメロディーたちをつなげてみる。するとひとつの曲ができあがる。それに題名をつけてみる」。
そんなプロセスを経て生まれるkiwandaのデザイン。
kiwandaとはスワヒリ語で工場や工房という意味だそう。

阪急うめだ本店 1階 シーズン雑貨では5月26日(火)までの期間限定で、「キワンダ」の傘などレイニーシーズンも楽しく過ごせそうなアイテムが登場しています!


雨傘 「フリーダ」 クリーム 16,200円

キワンダの今年の春夏コレクションのテーマは「アロハ」。
エキゾチックな南国ムードをたたえるエレガントなフラワー柄が目を引く長傘のデザインは メキシコの画家、フリーダ・カーロ(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón, 1907-1954)のポートレート作品からインスパイアされたもの。


写真右)フリーダ・カーロ SELF-PORTRAIT(セルフ・ポートレイト)=自画像より

手の形のピアス、トゲのアクセサリー、リボンなど、フリーダの自画像に登場する様々なモチーフを取り入れ、水彩画のように爽やかな印象に仕上げられています。



長めの柄にはアクセサリー感覚の黒のタッセルがあしらわれ、シックな印象に。


折りたたみ傘 各15,120円

撥水&UV加工を施してあるので、雨傘としてだけでなく日傘としても使用できるスグレモノです。



時を超えてなお深い感動をもたらすフリーダの絵画から生まれた、まるで音楽のように美しい旋律を奏でる傘。
雨の中も、南国のすがすがしい風を感じながら、おでかけしてはいかがでしょうか。

■「キワンダ(Kiwanda)」
◎5月26日(火)まで
◎阪急うめだ本店 1階 シーズン雑貨

◆雨の日も楽しく! 関連記事
▼美しいフォルムの透明な傘“バードケージ” 阪急メンズ大阪】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/12更新)