ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「オスクレン(OSKLEN)」
オスカル・メツァヴァトが創造するアートと自然の美学


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/6/16
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



ブラジル・リオデジャネイロのクリエイティブ・ディレクター、オスカル・メツァヴァト(Oskar Metsavaht)が1989年にスタートしたコレクションブランド、「オスクレン(OSKLEN)」。
“art(アート)”“ nature(自然)”“ architecture(建築)”をテーマに、ブラジルらしい現代的なライフスタイルを表現。
自然と街、原点と進化、相反するものの中で共存して生きていく。そんなブラジリアン・ソウルを伝えるライフスタイル・クリエーター、オスクレン。


ワンピース 41,040円

今季のオスクレンのテーマはブラジルにある植物園でもあり、コンテンポラリーなアートスペースでもある「INHOTIM(イニョチン)」。
元農場であった広大な敷地には21のギャラリーが点在し、多くの屋外アートが展示されています。

そんなイニョチンにオスカル・メツァヴァトがインスパイアされ、写真やフィルムを通じて制作された今季のコレクションライン。
濃いブルーのハスの葉や真っ赤なアンスリウムなど、イニョチンの植物をそのままデザインに落とし込んだ水彩画のようなワンピース。



メツァヴァト氏自らが撮影したというイニョチンの植物の鮮やかなプリントは生命力にあふれ、トロピカルな気分満載。
シャープなカッティングと細いストラップのコンビネーションが魅力的なバックスタイルを演出してくれます。


マキシスカート 31,320円
トップス 17,280円


色とりどりの花々が咲き乱れるボタニカル柄のマキシスカートには、植物園の強いグリーンを映した麻のトップスを組み合わせて南国のインパクトを。


unisex バッグ 17,280円
スニーカー 各19,440円


“United Kingdom of Ipanema”=イパネマ王国という名を冠されたオスクレンのアイコン的な厚手コットンのトートバッグ。
イパネマの美しいビーチが象徴するリオ・デ・ジェネイロへのメツァヴァト氏の深い愛が凝縮しています。



自然体のリラックススタイルとシンプルで飽きのこないデザインが特徴的なバッグ。
マスタードは「イニョチン」からのカラーリング。



「イニョチン」のインスピレーションから生まれたオスクレンの今季のコレクション。
「ライフスタイルやコンテンポラリーなものへの価値観、現代のライフスタイルに国境はない。そこにハッピーで官能的、少しまろやかな感じのブラジリアン・ソウルを加えてオリジナリティーを出したい」と言うメツァヴァト氏。
アートや自然を感じながら表現された生命力あふれるデザインが生きることの喜びを伝えてくれます。

■「オスクレン(OSKLEN)」

◎7月9日(木)まで
◎阪急うめだ本店 1階「THE TRUNK H.P.FRANCE(ザ・トランク アッシュ・ペー・フランス)」

◆注目の世界のクリエーター

▼「ナッシュ(Nach)」 遊び心満点のアートな陶器ジュエリー



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/01更新)