ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

英国の美しい田園生活を映す「魅惑の英国ポタリー」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/10/8
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



阪急うめだ本店の名物催事、「英国フェア2015」が今年もスタートしました。
9階 祝祭広場ではリントンズの馬車が初お目見えし、英国のカントリーサイドを旅する気分。
同じフロアの「アートステージ」では、英国の現代陶芸作家展「魅惑の英国ポタリー」が開催されています。


ジェニファー・ホール(ウェールズ)

ポタリー(pottery)とは、陶芸工房のこと。
陶芸大国、英国では2000以上ものポタリーが存在。
スリップウェアなどカントリースタイルの器は日本の食卓にも馴染みやすい温かみのある雰囲気です。
今展は『英国ポタリーへようこそ』(世界文化社)の著者であり、英国現代陶芸を日本に紹介する第一人者、井坂 浩一郎さんが8つの陶芸家・工房をセレクトした展覧会。


ティム・アンドリュース(デボン)
Lidded curling piece green crackle 54,000円


1970年代、陶芸家、デイヴィッド・リーチ O.B.E.(大英帝国勲章受章者)のもと、ダーティントンで修業をし、1981年、自身の工房を築いたティム・アンドリュース(Tim Andrews)。
英国陶芸家協会の特別会員、ウエストカントリー陶芸家協会の名誉会長に選任されています。


ハンナ・マックアンドリュー(スコットランド)
Slip Trail Small Plate Honey 15,120円


スコットランドの自然の風景を作品に描くハンナ・マックアンドリュー(Hannah McAndrew)。
シンプルで愛らしい絵柄のスリップウェア。
和洋どちらの料理にも合い、ほっと和むあたたかみのある風合いです。


ペニー・シンプソン(デボン)
左から)ジャグ(小) 8,640円、ベース(中) 11,880円、ジャムポット 各11,340円


色のついたスリップ(化粧土)で絵付けなどの装飾がされたペニー・シンプソン(Penny Simpson)の器。
小鳥や花、木の葉などのモチーフがテーブルに優しい雰囲気を与えてくれます。


フィリップ・ウッド(サマーセット)
写真左から)マグ(小) 8,208円、キャディー(大) 27,000円、ジャグ(小) 13,500円


サマーセット州のワトリーで創作活動を続けるフィリップ・ウッド(Philip Wood)。
愛らしい動物モチーフを型押しし、掻き落とし技法で制作される実用的な器。
本体と同色の化粧土で絵柄を描き、白い部分にも化粧土が用いられ、独特のマットな仕上がりになっています。


ジョン・リーチ工房(サマーセット)

イングランドやウェールズ、スコットランドなどの美しい自然に囲まれながら、手作りの暮らしを楽しむ陶芸家たち。
彼らの素朴で豊かな田園生活を日々の暮らしのお手本にしてみてはいかがでしょうか。


【出展作家】
ペニー・シンプソン(デボン)/フィリップ・ウッド(サマーセット)/ジェニファー・ホール(ウェールズ)/ジョン・リーチ工房(サ マーセット)/ハンナ・マックアンドリュー(スコットランド)/リーチ工房(セントアイヴス)/ティム・アンドリュース(デボン)/トニー・ラベリック (スタッフォードシャー)

■魅惑の英国ポタリー 〈入場無料・展示販売〉
◎10月7日(水)~10月13日(火)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時終了


◆『英国ポタリーへようこそ』著者 井坂浩一郎氏 トークショー
◎10月10日(土)・11日(日)各日 午後2時~(約30分)
陶芸家の工房や自宅、周辺の風景を写真で紹介しながら、英国陶芸の魅力や陶芸家の暮らしぶりについて。


【関連記事】
▼英国の現代陶芸作家展「魅惑の英国ポタリー」へようこそ


▼英国の現代陶芸作家展 「魅惑の英国ポタリー」




※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/03更新)