ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

コンコースウィンドーにワクワクの冬がやってきた
「日本の冬 お楽しみ絵巻」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/10/13
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


大阪ときめきショッピングの図

コンコースウィンドーにひと足早く冬がやってきました。
阪急うめだ本店の顔として「劇場型百貨店」を象徴し、芸術家によるアートでメッセージを発信するウィンドーの、今回のテーマは「冬の訪れ」。
冬の大阪では過去と現在の阪急うめだ本店で買物を楽しむ人々が楽しげに行き交います。


入江明日香さん

「日本の冬 お楽しみ絵巻」と題されたウィンドー。
今回、アートワークを手がけるのは、現代美術を代表する作家のひとり、入江 明日香(いりえ あすか)さん。
1980年、東京生まれ。2004年、多摩美術大学美術研究科版画領域修了。
2012年~2013年、平成24年度文化庁新進芸術家海外研修員としてフランス・パリに滞在。
2013年の京都版画トリエンナーレでは大賞を受賞。
現在、日本美術家連盟会員、日本版画協会準会員を務めます。


冬の旅行の図

北斎の浮世絵を彷彿とさせるような繊細な線と色彩。
銅版画作品を中心にクリスマスの準備やスケート遊びなど冬ならではの楽しみを満喫する様子や風景が幅約6~7メートルの7面の空間で表現されています。
平面作品の一部が立体化されたり、動く立体が取り入れられ、繰り広げられる躍動的なシーン。
思わず目が釘付けに。


寒中雪遊びの図

冬の遊びを楽しむこどもたちを表現した「寒中雪遊びの図」。
架空のキャラクター、「阪急太郎」や「猫次郎」が冬の大阪にパラシュートで降り立ちます。


冬の海クルージングの図

打ち寄せる白い波しぶき。
激しく荒れる冬の海の波間を帆かけ船が勇ましくクルージング。


動物冬集いの図

鶴や孔雀、ペンギン…。
冬を象徴する鳥獣の合い間をぬって、お椀の船に乗る古風ないでたちの阪急太郎と猫次郎が川を下ります。


家族かまくら団欒の図

合掌造りの家や山々を背景に、大きなかまくらの中のこたつでくつろぐ家族たち。
可愛い雪うさぎの中に小さな灯かりがともります。


絵巻の中に集う人々や日本の情景。
あなたのワクワクの冬はどんな景色でしょうか。

■日本の冬 お楽しみ絵巻
◎10月7日(水)~11月1日(日)
◎阪急うめだ本店 1階 コンコースウィンドー


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/02/17更新)