ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【予告】漆の未来を見てほしいⅡ 日本漆山脈
~全国の作り手の毎日使いたい漆の器~


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/10/26
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


左上から時計回りに)蔦屋漆器店、仁城 義勝、野村 俊彰、北原 進、阪本 修、吉田 宏之、佐藤 史幸、佐藤 智洋、山本 隆博、箱瀬 淳一、杉田 明彦、博古堂 (※中央はイメージ)

漆はjapan、日本そのもの。
2013年12月に阪急うめだギャラリーで開催された人気催し「漆の未来を見てほしい」が、さらにバージョンアップして再登場。
日本各地の漆職人や作家、28組51名の作品が一堂にお目見えします。


左から)桐本 泰一、赤木 明登、角萬漆器

スタイリスト 高橋 みどりさんの漆のある食卓のプレゼンテーションや、加賀山代温泉「べにや無可有(むかゆう)」の女将 中道 幸子さんの、漆器を使った懐石料理のテーブルセッティングも披露。
産地の作り手によるミニシンポジウムや、京都市立芸術大学 教授 栗本 夏樹さんによるセミナーなど、ワクワクするようなイベントも満載。


左から)藤八屋、伏見 眞樹、内田 徹

「本当に良いものを一点選ぶことによって、そこから暮らしが変わってくる」
塗師 赤木 明登さんの言葉のように、毎日の暮らしの中でこそ使ってみたい漆器。
あなたのお気に入りをぜひみつけに来てください。

■漆の未来を見てほしいⅡ 日本漆山脈
 ~全国の作り手の毎日使いたい漆の器~
<展示販売・入場無料>
◎10月28日(水)~11月1日(日)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
※催し最終日は午後6時閉場

◆産地の作り手によるミニシンポジウム
 「漆の未来を考える―モノづくりの心」
[参加無料]
◎10月28日(水) 午後2時~ ※ご予約不要

◆京都市立芸術大学 教授 栗本 夏樹さんによるセミナー
 「URUSHIの新しい可能性」について
[参加無料]
◎11月1日(日) 午後2時~ ※ご予約不要

■[同時開催]漆の未来を見てほしいⅡ
 日本漆山脈 ~URUSHIの可能性~
<展示販売・入場無料>
◎10月28日(水)~11月1日(日)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時終了

▼阪急うめだ本店 ホームページ「暮らしの劇場10・11月の見どころ」でも紹介


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/04更新)