ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

久保田 唯心・御季代・唯阿 吉祥干支「申」
招福の木彫で迎える新年


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/12/21
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


久保田 唯心 「吉祥 申 御幣守り」 
幅20×奥行き16×高さ24cm 樟・金箔・プラチナ箔蒔仕上げ 248,400円


暮れもいよいよ押し詰まり、新たな年のお飾りが気になるこの頃。
格調高いお正月飾りをお探しの方におすすめしたいのが、仏師・久保田 唯心(くぼた ゆいしん)氏、御季代(みきよ)氏、唯阿(ゆいあ)氏親子が手がける1500年の京仏師の技法を受け継ぐ招福の木彫。
平成二十八年の干支は「丙申(ひのえさる)」。
幸運をもたらすと言われている干支の置物をお守りとしてお正月に飾ってはいかがでしょうか。

古来より山の賢者・山神の使いとして尊ばれてきた猿。
日吉神社の守護の「神猿」や「山王」などと呼ばれる地主信仰の象徴の動物の姿を、厄除けの香り芳しい樟(くすのき)材に彫刻し、金箔・プラチナ箔で装飾された 「吉祥 申 御幣守り(みてまもり)」。


久保田 御季代 「長寿桃献上」 
高さ16cm 樟・金箔・プラチナ箔蒔仕上げ 162,000円


邪気を祓い、不老長寿を与える植物として親しまれる桃を両手で捧げ持つ愛らしい姿の猿。
瑞々しい果実と若々しい猿が生き生きと表現された吉祥の置物です。


久保田 唯阿 「絵馬型干支飾 猿三番叟」 
縦15×横21cm 約60cmの紐、稲穂付き 
杉・金箔・プラチナ箔蒔仕上げ 10,800円

玄関や壁に吊って飾れる、縁起の良い絵馬型干支飾り。
絵馬には、五穀豊穣を祈り、感謝を捧げる「三番叟(さんばそう)」を舞う猿が描かれています。


平成二十八年、「丙申(ひのえさる)」。
あらたまの歳を晴れやかに迎えられますように。

■干支 申(さる)特集 <展示販売>
◎2016年1月5日(火)まで  ※1月1日(金・祝)は休業
◎阪急うめだ本店 7階 茶道具
※催し最終日は午後6時終了

【予告】
久保田 唯心 御季代・唯阿 第32回 木彫 福乃神・福の仏展 <展示販売>
◎12月29日(火)~2016年1月5日(火) ※1月1日(金・祝)は休業
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了


【年末年始の営業時間変更のお知らせ】

阪急うめだ本店 阪神梅田本店 阪急メンズ大阪
◎12月31日(木)全館 午後6時まで
◎1月1日(金・祝)は休業
◎1月2日(土)全館 午前9時30分から午後9時
※営業時間は変更となる場合がございます。 



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/02/28更新)