ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

立体になった絵画
西村 芳弘さんの詩的な陶世界


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/12/24
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


「伝話」 幅11.2×奥行き11.2×高さ20.5cm 81,000円

あなたの場所・ぼくの場所。
人間や動物をモチーフに陶作品を制作する西村 芳弘(にしむら よしひろ、1970-)さん。
1998年、東京藝術大学大学院陶芸専攻修了。日本工芸会準会員。
「鳥獣戯画」から発想するという作風は、「立体的絵画作品」と称され、観る人に詩や物語を連想させます。


「聴こえの森」 幅30.5×奥行き15.6×高さ36.6cm 378,000円

「遠くから声が聴こえる
過ぎ行く私の足をとめる声が聴こえる…」

手びねりなどで作られる立体作品は中が空洞。
花を活けたり、何かを入れる機能性も潜んでいます。


「音語り」 1,404,000円

シッダルダの「音語り」。
最初に彼の歌を聴いたのは、そこにいた鹿やウサギや小鳥たちだったのかも…。


「夜中走」 259,200円

「眠れない夜は街に出よう
きままに車を走らせて
月をお供に一夜限りの旅をしよう」



動物や人物の形を通して表現される自然や人の営みの世界。
作品から醸される詩的な空気感から、あなたならどんな物語を見つけるでしょうか。

■~あなたの場所・ぼくの場所~ 西村 芳弘 陶展 <展示販売>
◎12月23日(水・祝)~31日(木)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊 
※催し最終日は午後5時終了

◆作家来廊
◎12月25日(金)~27日(日)

【陶作品はこちらも!】
▼砧青磁の気品を今に伝える「初代 諏訪 蘇山」阪急うめだ本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/02/24更新)