ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

時を超えて煌めくオールドバカラ
職人の創造性が息づく古伊万里


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/2/6
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


古伊万里色絵 花文向付 10客 540,000円
古伊万里染付 陽刻角瓶 864,000円


17世紀(1610年代)初め頃に誕生した有田焼。
有田の職人の創造性が息づく古伊万里様式の器は、ヨーロッパや東南アジアなどにも盛んに輸出され、愛好家の間で珍重されました。


古伊万里染付 花蝶文油壷 378,000円

藍染めの着物を思わせることから名づけられた「染付(そめつけ)」。
伊万里の中でも最も古い歴史を持つと言われ、青と白のシンプルな意匠に、日本人好みの枯淡の趣を閉じ込めています。


古伊万里染錦 菊文向付 86,400円

青い染付の文様に、赤、緑などの上絵の具で彩飾が施された「染錦(そめにしき)」。
華やかな意匠と絶妙な色づかいがとけ合う「向付(むこうづけ)」です。


手前)バカラ 
グラス「ミケランジェロ」 6客セット 233,280円など


1764年、フランス・ロレーヌ地方バカラ村で開かれたガラス工房「バカラ(Baccarat)」。
クリスタル素地にカッティングやエッチングを施し、その卓越した技術力により、世界各国の王侯貴族に愛用されています。


バカラ グレッグ・アンガトレ
「金彩エナメル ワイングラス」
 108,000円 など


1764年の設立より1936年までに制作された作品は「オールドバカラ」と呼ばれ、多くの愛好家を虜にしています。
精緻な金彩の絵付けが、透明度の高いクリスタルに、より一層の輝きを与えているワイングラス。


ガレ ポピー文 卓上ランプ 540,000円
古伊万里染付 蛸唐草文徳利 162,000円
バタフライテーブル 75,600円 など


時代を超えて愛される美しき器たち。
当時の技術の高さが今なお伝わる逸品をぜひあなたのコレクションに加えてみてください。


古美術ギャラリー「長谷川梅士堂」にて、店主・長谷川 忠良さん

また、古マイセン、オールドバカラ、古伊万里、ガレ、ドームなどは、古美術ギャラリー「長谷川梅士堂」で普段目にすることができます。
こちらにもぜひ足を運んでみてくださいね。

古マイセン・オールドバカラ/古伊万里食器展 <展示販売>
◎2月3日(水)~9日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

■長谷川梅士堂
◎阪急うめだ本店 7階 古美術ギャラリー

【関連記事】
▼長きに渡って愛される確かな風格 古き良き時代の器たち


▼古マイセン・オールドバカラ/古伊万里食器展 器に息づくきらめきの時代


詳しくは阪急うめだ本店ホームページ“暮らしの劇場2月の見どころ”で>>


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/04/06更新)